ユニットバスとはトイレ付ではない

賃貸のユニットバスのメリットやデメリット!安い汚いはイメージで間違え

引越しで賃貸の部屋探しをしている時に悪いイメージがあるのがユニットバスです。
ユニットバスとは何かを間違えて認識している人は多いです。

そのため、メリットやデメリットが安いや汚いだけだと思っている人もいます。

そもそもユニットバスと言っても必ずしもトイレが一緒についている訳ではありません。
多くの人がイメージをしているのが3点ユニットバスなのですね。

もしも、あなたが賃貸の部屋探しをしていて、ユニットバスについているのであれば、参考になるはずです。
すでに止めた元不動産会社の営業目線でのメリットとデメリットを詳しく紹介しています。

風呂トイレは別の方が絶対良いと思われがちですが、人によってはユニットバスが良いって人もいます。

ユニットバスとは?

ユニットバスは設置する

そもそもユニットバスとは誤解がされている人も多いので、解説を先にさせて頂きます。

トイレとお風呂が一緒になってるのをユニットバスと思っている人は多いです。
しかし、これは間違えで本来は部屋の付ける設置をするタイプでない浴槽のことです。

工場でお風呂の浴槽エリアを作っておいて、お部屋にはめて設置をしているものとなります。
そのため、ユニットバスでもお風呂だけの部屋のこともあります。

ユニットバスとは何かを知らなくて、絶対嫌って人でも自分の家がそうだったりすることもあります。

古い物件だとトイレ付きの3点ユニットバスが多い

あなたが一人暮らしを検討をして、なおかつ古い家の図面や物件サイトを見て、ユニットバスが気になったのなら、トイレ付である可能性は高いです。

理由としては時代の流れのようなことがあります。
2000年ぐらいまでの間はこのユニットバスが流行りました。

この後のメリットで詳しく紹介をしますが、部屋の空間をうまく利用ができたり、価格を安くすることができるからです。
そのため、ユニットバスのお部屋がたくさん作られて、なおかつ良いって人もいたからです。

最近はトイレとお風呂が別になってるのが流行りなので、新しい物件だと違ったりします。

そのため、少し古い物件の一人暮らしようの1Kなどとなると、トイレ付の3点ユニットバスである可能性が高いです。

ユニットバスのメリットは部屋が広い

部屋が広いのがメリット

ユニットバスの一番のメリットとしては、専有面積に対して部屋のサイズが広いことです。
ここでの話は3点ユニットバスの話です。

同じ条件のお部屋であれば、間違いなくバストイレ別の部屋より広いです。

部屋の賃料は設備や立地、築年数、専有面積によって変わってきます。
畳数ではありません。

バストイレ別のお部屋であれば、お風呂とトイレで二部屋使っているので、使用面積も多くなるので部屋のサイズが小さくなります。
逆にユニットバスは一つに集約されている関係で、専有面積が少なく部屋のサイズが大きくなります。

条件が同じでも家賃が多少安かったり、部屋のサイズが広くなるのがユニットバスのメリットなのですね。

掃除が楽な点もメリット

ユニットバスであればお風呂に付いてるシャワーを利用して、簡単にトイレの清掃をすることができます。

シャワーを浴びたついでに掃除をすることもできるので、一人暮らしで部屋を掃除しない男性でも、水洗いだけは簡単にできます。
特に男性はトイレで便座からはみ出すこともあり、床や便器が汚れやすいです。

また、水は配水管へと流れていくので、雑巾でふき取る必要がありません。
簡単に掃除をすることができるのもユニットバスのメリットなのですね。

汚いイメージで知られるユニットバスですが、以外に清潔な状態を保てている人も多いです。

ユニットバスのデメリットは臭いと汚いイメージ

汚いイメージがデメリット

ユニットバスのデメリットは多くの人がイメージする通りで、臭いと汚いイメージです。

頻繁に掃除をする人でないと、実際はユニットバスの方が清潔になりやすかったりはします。
しかし、お風呂に入った時などイメージとしては精神的に汚いと感じてしまいます。

また、トイレを清潔にしていなかったり、便座のフタを開けっ放しにしていると、臭いを発生させることがあります。

ユニットバスは掃除が楽で清潔にしやすいのですが、まったく掃除をしないとなると臭いなど汚くなってしまうのがデメリットなのですね。

メリットとデメリットが深くかかわっていると言えます。

ユニットバスがおすすめの人

ユニットバスがおすすめの人はまず、基本前提としてトイレがあってもシャワーに入ることができるのが前提となります。

根本的にユニットバスは無理なので、バストイレ別がいいですって人も多いです。
私は両方とも住んだことがありますが、その考えも多いにわかります。

その問題をクリアしているのであれば、あまり浴槽に入らない人がおすすめです。
シャワーしか利用しないのであれば、浴室に風呂場があっても仕切りもありますし、住んでみると気にならないものです。

そして、家賃はあまり出したくないけど部屋のサイズは広いほうが良いって人にもおすすめです。
ユニットバスのメリットをいかしたい人だと、ぴったりなはずです。

2人暮らしとなると一人が風呂に入っていると、トイレに入りづらいのであまりおすすめはできないです。

おとり物件の無い部屋探しサイト

イエッティ

賃貸物件の空室を問い合わせしたにも関わらず、実際は存在しないおとり物件であることも非常に多いです。

店舗へ来店しても問い合わせした物件の下見はできず、他のお部屋の紹介をされた経験をしたことがあるのではないでしょうか?

しかし、おとり物件の心配をしなくて良いのが『イエッティ』です。

希望条件を入力さえしておけばチャットでお部屋の紹介をしてくれます。お部屋の下見をしたければ現地での待ち合わせも可能となっています。

その為、オンライン不動産として注目を浴びており、毎日新聞や日本経済新聞など多数のメディアにも紹介がされている、安心してお部屋探しができるサービスなのですね。

おとり物件の心配をする必要もなければ、仕事の合間や仕事帰りに自宅で部屋探しをできるので、人気となっています。

>>>イエッティの公式サイトへ

PAGE TOP