賃貸のユニットバスのメリット※人によってはバストイレ別より良い

賃貸におけるユニットバスのメリットを紹介しています。

とりあえずバストイレ別が良いよねって人は多いのですが、実は一緒がゆえのメリットはあるんです。

人によっては賃貸物件を探している人にユニットバスのメリットを伝えると、それならバストイレ一緒でなくても良いよねって考えが変わる人もいます。

ルームアドバイザーは最初からお客さんの条件の物件しか探さないのではなく、きちんとプロとしての知識を紹介して、よりよい物件を見つけるのが非常に大事です。

1分もかからないことですし、それでバストイレ別がいいのであれば条件を絞れば良いのですから。

ではユニットバスにはどんなメリットがあるのでしょうか?

ユニットバスのメリット

同じ条件のお部屋であればユニットバスはまず間違いなくバストイレ別の部屋より、広いです。

部屋の賃料は設備や立地、築年数、専有面積によって変わってきます。
バストイレ別のお部屋であれば、お風呂とトイレで二部屋使っているのでその使用している面積が多くなるので、部屋のサイズが小さくなります。

逆にユニットバスは一つに集約されている関係で使用している専有面積が少ないので、その分部屋のサイズが大きくなります。

部屋のサイズによって賃料が代わるのではなく、部屋全体の面積によって賃料は計算されていくので、ユニットバスの部屋なら他の部分に面積を分け与えることができます。

そのため、居間やキッチンが広くすることができるのです。

掃除が楽

ユニットバスであればお風呂についているシャワーを利用することができるので、簡単にトイレの清掃をすることができます。

シャワーを浴びたついでに掃除をすることができるのでそんなに手間がかかることもなく、水は配水管へと流れていくので、雑巾でふき取る必要がありません。

床を掃除するのも楽ですし、便座にシャワーをかけることもできるので掃除が非常に楽となります。

逆にバストイレ別であれば洗剤でトイレを清掃した後に水を使って床を流すことができないので、乾いた雑巾などで拭く必要がでてきます。

また、トイレの便座などに関しても雑巾で拭かなければなりません。
結構めんどうとなるのですね。

男性でバストイレ別となると清掃をめったにしない人は多いです。

ユニットバスがおすすめの人

ユニットバスがおすすめの人はまず、基本前提としてトイレがあってもシャワーに入ることができるのが前提となります。

きれい好きの人はいやだって人が多いので、そういった人であれば根本的にユニットバスは無理なので、バストイレ別がいいです。

その問題をクリアしているのであれば、あまり浴槽に入らない人がおすすめです。
基本はシャワーのみしか利用しないのであれば、浴室に風呂場があっても上記の前提をクリアしているのなら気になることはないはずです。

そして、家賃はあまり出したくないけど部屋のサイズは広いほうが良いって人にもおすすめです。

バストイレ別の部屋に比べれば断然広さは異なってきます。
もちろん、建物のつくりによってキッチンを大きくしているなど異なるので全ての物件に適用されるわけではないですが、バストイレ別に比べればキッチンや居間が大きくなることが考えられます。

わたしが初めて一人暮らしをしたときはユニットバスでした。
今は浴槽に入ることは多いのですが、そのときはシャワーのみだったのでまったく気にならなかったですし、風呂に入っている際に毎日軽くシャワーをトイレにかけるだけでもある程度きれいにすることができたので助かりました。

たぶん、バストイレ別であれば頻繁に掃除することはなく、トイレはちょっと汚かったと思います。

丁度、忙しい仕事でほとんど家は帰って寝る程度にしか利用していなかったので、ユニットバスであのときはよかったと思ってます。

ちなみに2人暮らしとなると一人が風呂に入っているとトイレに入りづらいのであまりおすすめはできないです。

PAGE TOP