ペット可賃貸に入居する際の注意点※気おつけないと後悔する

ペット可の賃貸物件に入居する際の注意点を紹介しています。

アパート・マンション・一軒屋・タウンハウスと色々と住居の種類もありますが、基本的に特に気おつける注意点は一緒となります。

気おつけておかないと大きく損をすることにもなりかねないので、犬やねこなどペットを飼育するつもりの人はごらんください。

せっかくかわいいペットと住むことができるようになったのに後悔する結果にならないようにしましょう。

ペット可の賃貸の注意点

ペット可のアパートやマンションですと敷金が2ヶ月プラスとなって合計3ヶ月になることも多いです。

これはペットがクロスやフローリングを傷つけてしまうことも多いので修繕するための費用として多めに請求しています。

また、臭いが部屋中に染み付いてしまうので臭いをとるためにも、清掃業者または全てクロスの張替えとなるので敷金が多めに設定されています。

しかし、敷金を多めに支払っているからと考えていては後悔することにもなりかねないです。退去費用は敷金以上に修復する費用(原状回復費用)がかかった場合には入居者が負担する責任があります。

そのため、部屋を犬や猫などのペットが部屋をボロボロにしてしまい、修繕費が敷金をオーバーすると当然、退去時にさらに請求されることになります。

簡単にできる対応策

犬や猫などのペットに関する臭いに関しては消臭剤をおくなどの対応をすることはできないです。

クロスやフローリングに関してはできるだけペットが爪で傷を付けないようにする対策をしておいた方がいいです。

カーペットを引くなどして対処をしておかないと、フローリングが傷だらけになってしまえば高額な退去費用を請求される可能性もあります。

犬だとある程度対処しやすいのですが、猫だと部屋中を飛び回ったりするので対策を行うのは難しいと思います。

半ばあきらめることしかないペットもいるかと思います。

ペット可でも全ての動物が住める訳ではない

賃貸の物件は基本的にペット可だからといって、どんな動物でも良い訳ではないです。部屋ごとにどの動物が住めるか大家が判断をしています。

一般的に多くの人が買っている犬やねこであればペット可物件で飼育することができることが多いです。

しかし、その他の珍しいペット(サル・ヘビ・ライオン)などに関しては無理なケースは非常に多いです。

判断するのは不動産会社に連絡して大家に問い合わせをしてみないとネットからでは分からないです。

良くあるペット関係の賃貸会社へのクレーム

たまに不動産会社にいるとめずらしい動物を飼っているお客様もこられます。
そこでクレームとしてありがちなのがペット可なのに何故、ヘビは駄目なんだとクレームが出ます・・・

中にはペットではなく家族ですといわれる方もいらっしゃいます。
家族である気持ちは大いに分かるのですが、賃貸の住居は基本的に人間が住むのが前提となります。(一部ペット用マンションあり)

そのため、家族でも人間でなければどんな部屋でも住める訳ではないです。いくらクレームを出しても大家が無理だというものは審査が降りないので入居することはできないです。

ちなみに余談となるのですが、ネットの物件サイトを見るとペット可と書かれている物件が多くありますが、わたしが情報を入力する際には必ず可にはしていなかったです。

相談って項目があったので図面に可と書いていてもどんなペットが来るかわからないので相談にしていました。

確かにお客さんがペット可なのにヘビが飼えないのはおかしいと思うのは間違いないと思います。そのため相談で掲載して大家に相談させて頂きますと対応していました。

ルームアドバイザーはアドバイスする仕事なわけなのでお客さん目線になる必要があるのですね。

不動産会社によっては当たり前でしょと反論するお店もありますが、お客さん目線に立てていないってことにもなると思います。人それぞれ当たり前と思うことは異なるのですから、その人にとって当たり前でも他人は違う認識の人もいます。

きちんとお客さん目線で物件紹介をしてくれるルームアドバイザーを選べば満足する部屋探しをすることができるはずです。う

PAGE TOP