ペット可物件の探し方のコツ!犬や猫が飼えるアパートやマンションの見つけ方

賃貸の部屋探しで困るのがペット可のアパートやマンションの探し方です。

全体的にペット可の賃貸物件の数は少なくなるだけでなく、部屋によっては猫だけや犬だけやうさぎなど、動物の種類が限定されてることも多いです。

そのため、他の物件と同じように部屋探しサイトを使っていても、ピッタリの部屋を探すことは難しいです。
だからと言って大家に黙って内緒でペット不可の物件をすすめられることもありますが、おすすめしません。

また、不動産会社に問い合わせて訪問をしても、興味のある部屋を紹介して貰えないこともあります。
この変は不動産会社の裏事情もかかわってきたりします。

この記事でペット可の賃貸物件を探す方法が分かるようになっています。
また、すでに止めた不動産会社の元専門家だからこそ書ける裏事情まで紹介をしています。

ペット可物件の探し方のコツ

犬と猫

ペット可の物件を探すコツとしては下記の2つです。
なんだそんなありきたりな方法かと思わず最後まで読んで頂ければと思います。

  1. チャット型不動産を利用する
  2. 不動産会社へ訪問をする

現実的にペット可物件の数は少なくなりますし、ずっと探していたりする人もいます。

そのため、部屋探しサイトを使っていても情報が古く見つからないだけでなく、興味がある物件はすでに入居者が決まってることもあります。

そのため、最新の物件情報を頼りに探すしかありません。
また、不動産会社の裏事情もあるので、個人的におすすめなのはチャット型不動産を利用することです。

おすすめのペット可物件の探し方はチャット型不動産の利用

現実的に最新の物件情報を見るのであれば、不動産会社もしくはチャット型アプリを利用するしかありません。

ただ、ペット可物件はすぐに良いのが見つからないことも多いので、不動産会社へ行っても時間の無駄になることもあります。
「良い物件の情報が出たら連絡しますね」と言われ帰宅しても、その後は全く部屋の情報を貰えないことも多いです。

この辺りは後ほど不動産会社の裏事情として紹介をしますが、時間と手間がかかってしまうので、せっかくの新生活の第一歩の前で、疲れてきてしまうものです。

チャット型であれば、情報を入力さえしておけば、送られた物件が興味があるか見るだけで手間がかかりません。
また、不動産会社とは違い、チャット専門で働いている人達がいるので最新の空室情報も逐一貰える所も多いです。

そのため、来店の手間がかからないだけでなく、ないがしろにされないので、ペット可物件でも見つけやすいのですね。
特に「イエッティ」のような現地待ち合わせが専門であれば、おとり物件に騙されることはありません。

AIが自動で見つけて情報をくれるので、日々出てくる最新の空室情報から、ペット可物件を探すことができます。

ペット可の物件はおとり物件もある

ペット可の物件はおとり物件に使われたりすることもあります。

あなたがすでにペット可物件を探しているのであれば、興味を引く物件が少なかったり、不動産会社へ行ったら紹介をされないなんて経験をしていませんか?

時にはそのペットでも小型犬のみだったりと、違う種類で説明をされることもあるはずです。

ペット可物件を探している人はたくさんいるだけでなく、おとり物件ではない言い訳が作りやすいです。
実施に小型犬のみや猫のみの物件もあったりするので、来店時に種類を聞いてそれだと難しいって話を作ることができます。

おとり物件がむかつく人や騙されたくないって人は興味を引いた物件は下記の方法でまずは調べるのがおすすめです。

部屋探しサイトではペット可物件が見つからない裏事情

不動産会社で部屋探し中の2人

部屋探しサイトを見ても気に入ったペット可の物件を見つからない経験をしていませんか?
それは下記の4点の理由があります。

  1. 物件の情報が古い
  2. 掲載されてる物件の情報が一部
  3. ペットの種類が分からない
  4. 来店後にも最新の情報が送られてこない

また、来店をした後に気になる物件が見つからなかったので「条件のあった空室が出たら送ります」と言われたまま、連絡が来なかったりとりあえず来店をしてくれなんて電話があることもあります。

元不動産会社で働いていたからこその裏事情の部分も含め、詳しく解説をしていきます。
見つからない理由を知ることでも、どうすればペット可物件を見つけることができるか分かるはずです。

ペット可物件の最新情報は部屋探しサイトに少なくなる

部屋探しサイトに登録をしている不動産会社は手打ちで毎日物件の最新情報を入力しています。

しかし、部屋探しサイトにもよりますが、各会社が登録できる件数に決まりがあったりします。
全ての空室物件の情報ではなく、問い合わせがありそうな部屋を優先にしていきます。

ただ、賃貸の不動産の多くは仲介なので、様々な不動産会社が同じ考えのもと、情報を入力しています。
そのため、様々な会社から同じ賃貸物件が掲載されていることも多く、全体的にペット可物件の数が少なくなってきます。

また、なかにはおとり物件としてペット可を入力して掲載してるのもあり、掲載されるのが少なくなるのですね。
ペット可のマンションやアパートは、実際に来店をしたりしないと、見つけるのが難しいです。

不動産会社へ訪問後にペット可物件の情報が送られてこない

私自身も働いていた時に当てはまる話ですが、不動産会社の営業はひとりで複数のお客さんを担当します。
そして、毎日のように違うお客さんが来店をすることになります。

部屋探しをしている条件を聞いて、最新の物件情報を出して、現地の下見となると1組で何時間もかかります。
更にそのまま契約になることも多く、お店へ戻りその契約の話しをしなければなりません。

それらが終わった後に、今まで来店をした人の物件の最新情報を探したりします。
時には他のお客さんの接客中に出した物件情報で、ぴったりのがあったら連絡をします。

そうなると現実的に来店してる人優先になるので、最新の情報が送られてこなかったりします。

ここ数年チャット型不動産会社が増えていますが、手軽であったりなどのこともありますが、AIやチャット専門のスタッフが常に情報をくれるので、ないがしろにされないのが人気となっている背景にあるのではと思います。

訪問をしないと犬・猫・うさぎとどのペットが可能か分からない

不動産会社は図面の情報から、部屋探しサイトへ空室の登録をします。
しかし、図面にはペット可になっていても、実際はどんな種類までかが書かれていないことも多いです。

犬だけであったり、猫だけ可能だったりと、様々な条件があったりします。
そのため、とりあえず「ペット相談可能」となっていることが多いです。

全体的には犬だけの物件が多いですが、小型犬限定であったりと、大家に確認をしてみないと分からないことが多いです。
そのため、部屋探しサイトを見ているだけだと、実際はあなたと一緒に暮らすペットとは同居できないこともあります。

基本的に不動産会社の多くは仲介なので、どこでも同じ物件が紹介をすることができます。
大事なのは来店をして貰うことであり、そのコンタクトとなる問い合わせが来るようにするのを、優先している会社が多いです。

そのため、おとり物件などが掲載されていたり、問い合わせるととりあえず来店を促されたりします。

ペット可物件の探し方を元部屋探しの専門家からアドバイス

部屋探しの元専門家からのアドバイス
ペット可物件の探し方のコツとしては、最新の物件の空室情報を確認することです。

部屋探しサイトでは数が少なく見つけられないですし、下見をしたいと問い合わせたらおとり物件であったり、ペットの種類で入居ができないこともあります。

そのため、不動産会社へ行くか、チャット型を利用して最新の空室情報から部屋探しをすることがコツです。

特にチャット型であれば何度も不動産会社へ行く手間がなく、情報は逐一送られてくるのでおすすめです。
できるだけ「イエッティ」のような現地待ち合わせができるのを利用することで、おとり物件に騙されることはなくなります。

引越しまでに1ヶ月や2ヶ月と余裕があったり、良い物件が見つかればと思ってる人は、まずはチャット型でペット可物件を探す。

賃貸の更新や転勤や上京などで、決まった期日までに引越しをしなければならない理由があり、急いでいるのであれば両方を利用して、ペット可の賃貸物件を探すのがおすすめです。

ペットと一緒に住むことで原状回復費用など、いくつかのデメリットや注意点があります。
多くは入居前に対策をすることで防ぐことができるので、下記も一緒にご覧になるのをおすすめします。

ペット不可の物件で大家に黙って犬や猫をばれずに飼う

ペット可の物件を探していて見つからない場合、大家に黙ってペットを飼うか考える人も多いです。

不動産会社によっては、小型犬や猫だと黙って飼うのを提案していることもあったりします。
しかし、基本的にこの選択肢はおすすめすることができないです。

現実的に大家に黙ってペットと同居をしても、ばれないことはあったりします。
ただ、不動産会社は何の責任も取ってはくれないです。

私が賃貸の不動産会社で働いていた時も、大家にばれてすぐに退去をしなければならなくなって、早急に見つけて欲しいと来客された人もいました。

大家にばれた時にトラブルになる可能性が高く、契約時の初期費用をまた新居で払わなければならなくなることもあります。

ペット不可の物件で黙って犬や猫を飼うのではなく、チャット型の不動産会社などを利用して、納得ができるペット可のアパートやマンションを見つけるのがおすすめです。

掘り出し物件の探し方
おとり物件の見分け方
PAGE TOP