木造物件はどれぐらい音漏れがするのか?新築なら大丈夫?

木造物件を探している人で一番気になるポイントとしては音漏れだと思います。

一度、木造に住んでいてまた木造に引越そうと思っている人であればある程度、音漏れに関しては認識しているのでそんなに気にしないのですが、初めて住む人であれば一番気になるポイントです。

また、まれに木造に住んでいるけど隣の音がうるさいから別の木造に引越せばなんとかなりますか?
このような問い合わせを頂くこともあります。

では、実際問題木造の音もれはどれぐらいするのか調べることができるのか紹介していこうと思います。
新築の場合なら音漏れは大丈夫なのかに関しても触れています。

木造の音漏れについて

木造の音もれに関しては構造によって大きく変わってきます。
隣に部屋があるのなら音漏れする可能性は非常に高いです。

一つの階に一部屋しかないまたは対面に部屋があるのなら音盛れは気にならないこともあります。
一般的なアパートのように隣通しの部屋だとすると完璧な音の遮断をすることはまず無理です。

そのため、多少は音漏れがするようになります。

音漏れする原因としては壁の厚さになります。
コンクリートで作られているマンションであれば、隣の部屋との間の壁の厚さがある程度あるので、音が漏れないことも多いです。(うすければ漏れることもあります)

しかし、木造ですと木で隣の家との境目が作られているので音が伝わりやすいです。
構造によっては間に空間があるなどして工夫を行い作られており対策が行われていることはあるのですが、完璧に防ぐことはできないです。

木造物件に入居する際のポイント

音漏れが気になるのであれば部屋を決める前に必ず内見(下見)を行ったほうがいいです。
物件の決まるスピードは速いので内見している間に他の不動産会社で部屋を探していた人が内見せずに契約して、結局入居できないなんて可能性が起こることもあるのですが、それでも後悔するぐらいだったら一度下見をしたほうがいいです。

ただ、内見の時点では音漏れがどれぐらいひどいかは完璧に調べることはできないです。
隣の部屋の人の騒音状況により、うるさいかが異なってくるからです。

部屋を下見するポイントとしては壁をたたいてみる程度しかないです。
もちろん、隣に入居者がいるのなら強くたたいてはだめですが軽くコンコンとたたいてみてください。

その音の響きからどの程度うるさいかを想定することしかできないです。
一緒に内見した不動産会社の人に聞いても、まずどれぐらい音がうるさいかは答えてくれないはずです。

おそらくみんなあいまいな回答になるはずです。

注意すること

部屋によっては隣に入居者がいないなんて可能性も考えられます。
そういった物件であれば音漏れが気になるなんてことはないことが多いです。

あまりに薄いと2つ隣の部屋の音が聞こえるなんてこともありますが、たいてい問題ないはずです。
しかし、あなたが住んでいる間に入居者が来る可能性は0ではありません。

木造物件はあまりすぐに部屋が決まってしまうことはそんなにないですが、いつかはやってくるのに間違いはないです。
そのため、隣に入居者がいないからってそれをポイントに選ぶのは後悔することになることもあるので気おつけた法がいいです。

新築でも音漏れはするのか

新築の木造アパートを紹介する際にお客さんに聞かれるのが新築でも音漏れはするのかってことです。

常に各業界でもいろいろと発展しているので、音漏れがしない最新の構造で作られている可能性もあるとは思います。
(専門分野ではないのでちょっとどうなのかはわからないです)

ただ、基本的に壁の厚さには代わりがないので新築だろうが音漏れがするはずです。
木造の新築アパートはそんなに建てられていないので、下見をした経験は少ないですが、わたしの経験からすると音漏れに関してはまったく変わらないです。

新築だろうが築年数が古かろうが音漏れに関しては影響しないことがほとんどなので、変わらない認識でいた方がいいです。

簡単にできる音漏れ対策

隣の部屋の音漏れが気になるのであれば正直、どうにもならないと思われます。
ただ、外の声がうるさいなどであれば簡単に対策をすることができます。

対策としてはカーテンを2枚つけることです。
たったこれだけのことで防音対策としての効果は非常に上がります。

厚手のものや遮音カーテンなどを利用すれば更に効果としてはあがります。
以前に高速道路が横にある大通り沿いのマンションに住んでいて、深夜でもトラックや車が多く走っていることもあり、うるさい部屋に住んでいたことはあるのですが、厚手のカーテンを2枚設置するとほとんど音がしなくなりました。

トラックの音が多少することはあったのですが、たいていの人は気にならない程度です。
わたしは部屋の外との壁の厚さが異なるので必ずしもどれぐらいの効果がでるかは人によって異なりますが、防音対策としてはかなり効果がでるはずです。

PAGE TOP