メゾネットの部屋の写真

メゾネットタイプのマンションのデメリット!一人暮らしや家族の住み心地

賃貸物件でメゾネットタイプの物件に住みたいって人も多いです。
一人暮らしだとオシャレな印象もありますし、子育てをしたい家族でもメリットがあります。

ただ、逆にメゾネットマンションやアパートのデメリットもあったりします。
吹き抜けの解放感など住み心地が良い面もあれば、逆に悪い面も存在します。

なかにはそもそもメゾネットとは何なのかを正しく理解をできていない人もいます。

ここでは元賃貸の営業マンがメゾネットについてメリットやデメリットなどの住みやすさから、デメリットや探し方まで詳しく解説をしています。

メゾネットとは?吹き抜けや2階がある部屋

メゾネット物件の写真

メゾネットとは住宅の間取りの種類になります。
上の写真のような部屋のことをさします。

吹き抜けのある2階がある部屋と考えて貰うとわかりやすいです。

居住スペースの中に階段があり、マンションやアパートで2階のある部屋のことです。
マンションの上下階ではなくて、部屋の中で住むエリアがつながっています。

戸館ての住宅はメゾネットタイプに当てはまるのが多いですが、一般的に呼ばれることはありません。

ロフト付きのアパートとは違いは居住できる

ロフト付きのアパートとの違いとしては、居住ができるエリアがあることです。

ロフトは高さの制限などがあり、立ち上がるスペースはなく、窓なども設置がされていません。
そのため、寝室として寝るだけのエリアや物を置くスペースとして使われます。

メゾネットに関してはそのまま2階がある部屋です。

そのため、これらの制限はなく、キッチンがあったりトイレがあったりと、そのまま住むことができるようになっています。

ロフトは便利なイメージですが、メゾネットは高級感やオシャレなイメージが持たれやすいです。

メゾネットのメリット

4つのメゾネットのメリット

メゾネット物件には4つのメリットが上げられます。

  • 一軒家の気分を味わえる
  • 駅から近い
  • 寝室と居間リビングを分けられる
  • 1階と2階で違った空間を楽しめる

一軒家にあこがれる人も多いですが、室内に階段があるので部屋の中へ入ってしまえば、内装は変わりありません。

隣室はあるのですが賃貸でも分譲マンションが多く、壁が厚いので騒音対策がされていることが多いです。一軒家のように過ごせて、駅近である点もメリットとしてあげられます。

なにより一番のメリットは寝室と居間・リビングを分けることができる点です。来客が音連れた際に寝室が覗かれる心配はありません

また、1階と2階とでインテリアを分けたり楽しむことができるので、部屋の内装を楽しみやすいです。

一人暮らしだとオシャレな印象を持たれる

メゾネットに一人暮らしをする人も多いですが、オシャレな印象を持たれやすいです。

あまり物件の数自体も賃貸マンションとして出ているのは多くありません。
そのため、男性女性を問わずメゾネットのマンションに入ったことがない人はたくさんいます。

東京や大阪のような都会でさえ数は他のエリアに比べ増えはするものの、そこまで多くはないのですね。

TVドラマでもオシャレな人が住んでいるケースが多いです。
そのため、メゾネットタイプのお部屋に住んでいる人はオシャレな印象を持たれます。

メゾネットのデメリット

4つのデメリット

メゾネットマンションのデメリットは、階段の上り下りに関係をすることが多いです。

  • 階段の上り下りが大変
  • 部屋間の移動が面倒
  • バリアフリーに向いていない
  • 赤ちゃんが心配

毎日、何度も部屋を登り下りしなければいけないので、だんだんと住んでいる内にめんどうと感じるようになってきます。特に部屋間の荷物の移動が大変となります。

できるだけ1階と2階で部屋の移動を余りしなくても良いようにできるように荷物を配置する必要があります。

ただ、生活するうえである程度の運動量を得ることはできるのでダイエットや健康を考える人には良いかも知れません。そして、階段があることによって年寄りや小さい子供には住みづらい環境となります

冷蔵庫や洗濯機の配置に困りやすい

メゾネットは冷蔵庫や洗濯機の配置にも困りやすいデメリットがあります。

大抵は寝室などの居住空間が2階にあり、1階はキッチンやダイニングをかねた、客室となるお部屋が多いです。

そのため、寝室にいる時に飲み物を取るのに階段の上り降りが必要となります。
また、洗濯機に関しても同様で洗い物を2階に運んだり、干すスペースが上の階にしかないこともあります。

ドリンクを入れる小型の冷蔵庫など、上手く電化製品やインテリアを配置することが大切です。

エアコンの電気代が高くなりやすい

夏場にはエアコンの電気代も気になってきやすいです。

エアコンの電気代は稼働している時間ではなく、当然のことながら電力の消費によって決まります。そのため、吹き抜けの2階になっていることで、常に勢いよく稼働をしているので、高くなりやすいです。

また、吹き抜け部分の部屋が冷えるまでに少し時間がかかることがあります。

メゾネットの住み心地としての暮らしやすさ

どんな人に住み心地は良い

メゾネットタイプのお部屋の住み心地は人によって大きく変わってきます。

来客の多い人だと居住空間は見られず分けやすいので、暮らしやすいと感じることが多いです。また、伽住空間とプライベートな空間を分けやすいって人にも向いています。

また、子供もマンションの中でも多少動いたりできるので、楽しみやすいですし、大人も適度の運動をすることができます。

ただ、洗濯物の移動であったり部屋間の荷物の移動など、家事の導線が長くなりやすいなどで、暮らしずらい部分も長く住むとでてきます。

メゾネット物件は子育ての隣室への防音対策ができる

メゾネットタイプの物件で子育てをしている人は、2階に子供部屋を作ることが多いです。

その理由としては子育ての防音対策として有効となるからです。
子供は部屋の中でも走ったりしますが、マンションやアパートだと、下の階に音が響いてしまうことがあります。

そのため、子供部屋を2階にすれば走ったりする騒音も居住スペースへ騒音となるだけなので、クレームなどの問題になりづらいです。

ただ、反面として母親が家事をしていると、子供が見えない範囲にいることになるので、その点をしっかりと考慮する必要があります。

賃貸でメゾネット物件がおすすめな人

メゾネットは20代から30代前半の一人暮らしやカップルや単身の人が、気に入ることが多いです。

インテリアなどの内装を楽しむことができますし、居住空間を分けれるので友人を呼びやすいです。
他のマンションとは違い高級感やオシャレを感じることができるので、自慢することもできます。

また、一軒家に住みたいけど駅近が良いって人にもおすすめすることができます。

賃貸でも一軒家に住むことはできるのですが、バスを利用する必要があり駅からはなれていることも多く、築年数が古かったりします。

しかし、メゾネットマンションであれば外観はきれいなマンションで、内装は一軒家とほとんど変わりはなく、階数が上であれば展望なども良いのでおすすめすることができます。

逆におすすめできない人の特徴

メゾネットマンションはおじいちゃん・おばあちゃんと一緒に住んでいる人にはおすすめできません。また、子供は珍しい場所で遊んだりもするので、階段は絶好の遊び場だったりします。

子供のいる家庭だとこの点も考慮して、物の配置なども考えなければなりません。

専業主婦の方にはつらいことになるかも知れません。家事を行うに辺り部屋の内装とインテリア次第によっては何度も上り下りする必要がでてきます。

妊婦だと重労働となりますし、転ぶと一大事にもなりかねないので、できるだけ控えたほうが良いと思います。

結局のところはメゾネットマンションのデメリットといっても一軒家に住む事に変わりはありません

メゾネットは東京の分譲やデザイナーズ物件に多い

メゾネットタイプの物件があるエリアとしては、東京や大阪などの都会などに多いです。
また、分譲マンションであったり、デザイナーズ物件であることが多いです。

田舎などになると土地代なども安くなってくるので、あえてマンションで2階だてを立てるのではなく、そのまま一軒家にすれば良いなどの考えもあります。

そのため、メゾネット自体の数は賃貸のマンションとしても数はそこまで多くはありません。

賃貸でメゾネットの部屋探しの仕方

メゾネットや家賃が1か月無料になるフリーレントなどの、特殊な条件のお部屋は部屋探しサイトで検索していると見つけるのは難しいです。

空室な部屋自体はたくさんありますが、あなたの住みたいエリアや間取りや賃料などの条件を加えると、ほとんど見つけることはできないはずです。

そのため、不動産会社へ行き担当の営業に探して貰ったり、情報が入ったら教えて貰う。または、オンライン不動産などでスマホからお願いをしておくのどちらかの方法で探した方が良いです。

特にオンライン不動産であればスマホやパソコンから登録ができて簡単です。特に『イエッティ』のような下見が現地での待ち合わせなら、おとり物件に騙される心配がないので、おすすめすることができます。

PAGE TOP