6畳の部屋の写真

6畳の部屋の広さが違う理由!壁の厚さやアパートやマンションでの違い

お客さんと物件を内見している、とよく聞かれることがあります。
それが同じ畳数の部屋でも広さが違う理由です。

『さっきのアパートも6畳でこのマンションも6畳なのに部屋の広さが違いませんか?』

体感の部屋の広さと図面で見るサイズには違いがあります。
その理由としては畳数は専有面積から計算をしているからです。

しかし、住んでいる部屋のサイズは隣の部屋との間に壁があったりもします。
これが理由となっています。

アパートやマンションや分譲でも、同じ畳数の部屋で広さが違いを感じるはずです。
ここでは同じ6畳の部屋でも部屋の広さが違う理由について詳しく解説をしています。

同じ6畳でも部屋の広さが違う理由

畳数の計算式を考えればわかるのですが、図面に書かれている畳数というのは建物の壁も含まれたサイズとなります。

そのため、壁が厚ければその分部屋のサイズはせまくなりますし、壁が薄ければその分部屋のサイズは広く感じます。
畳のあつ和室などであれば、実際に設置をしている数などによって書かれることが多いです。

しかし、フローリングやクッションフロアなどとなると、専有面積から出していることがあります。
また、そもそもの図面が間違っていることもこともよくあります。

私自身もそうなのですが、それを理解している営業マンだと自分で電卓をたたいて、図面の畳数があってるのかを計算していたりします。

木造のような薄い木で作られた構造だと、壁は限りなく薄いので6畳でも広く感じることが多いです。
分譲マンションのようなしっかりしたつくりの建物の7畳ぐらいのスペースがあるように感じるはずです。

木造・アパート・マンション・分譲の順に6畳の広さが変わる

基本的には木造⇒アパート⇒マンション⇒分譲マンションの順で壁が分厚いことが多いです。

建物によっては薄く作られていたりするので一概に上記が正しいわけではないのですが、おおむねこのように考えていれば良いかと思います。

あなたがもしも現在一つしたの壁の厚さの部屋に住んでいるのなら、もしかしたら同じ畳数の物件を内見してみると部屋が小さいと感じるかも知れないです。

その辺も不動産会社の人と話しながら一畳ぐらい広い部屋にしたほうが良いのかなど相談していきましょう。

マンションと分譲マンションの壁の違い

マンションと分譲マンションだからといって建物が違う構造に作られているわけではありません。
基本的に分譲マンションというのは一部屋一部屋ごとに大家が異なるだけであって、構造自体はマンションと同じになります。

ただ、一棟のすべての部屋が同じ大家のマンションと比べると分譲マンションは騒音などの問題が起こった際に対処がしづらいです。
部屋ごとに大家が違うので自分の住んでいる部屋の大家に話をしても対処してくれないですからね。

また、投資目的として購入している人が多いので、基本的に部屋に関する業務を行わない人がほとんどです。
そのため、比較的壁は分厚く作って騒音問題が発生しづらいような構造になっていることが多いので、分譲マンションのお部屋はマンションと同じ6畳だとしてもせまく感じることが多いです。

6畳でも部屋が狭く感じる賃貸物件のメリット

ここまで比較的部屋の広さに関して話を来たのでちょっと勘違いされてしまっているかも知れないので、おさらいとして説明をしておきましょう。

壁が分厚いことにより同じ6畳でも部屋が小さいのがデメリットではあります。

メリットに関しては音漏れがほとんどしないことです。
壁をたたいてみればわかるのですが、分厚く作られているマンションであればまったく響きません。

響かないのであれば騒音に関する悩みをかかえることはほとんどないです。
(マンションだからといって壁が必ずしも厚いわけではないので注意)

壁が厚いか薄いか今住んでいる部屋ですぐに確かめる方法

あなたがマンションに住んでいるのであれば、部屋全体の壁をたたいてみれば壁の厚さが違うのに気づくはずです。

基本的に窓がついてる壁に関しては窓一枚ぐらいの厚さとなっていることが多いのでしっかりしたマンションでも壁を叩いてみると音が響くことが多いです。

隣の部屋との壁を叩いて音の響きがバルコニーの窓側と同じであれば壁が薄い可能性があります。
隣が大きい音を出せばあなたの部屋まで聞こえることも考えられます。

しかし、バルコニー側とまったく音が異なり、壁を叩いてもまったく響かないようであれば壁が厚いので騒音に悩まされることはほとんどないはずです。

また、もう一つのメリットとしては地震に強い構造ってことです。

考えてみれば当然のことなのですが、薄い壁で作られた建物より、厚い壁で作られた建物のほうが基本的に強度が強いに決まっています。

部屋内は空洞になっているわけなので、壁の厚みがあればあるほど耐震効果があるのです。

おとり物件の無い部屋探しサイト

イエッティ

賃貸物件の空室を問い合わせしたにも関わらず、実際は存在しないおとり物件であることも非常に多いです。

店舗へ来店しても問い合わせした物件の下見はできず、他のお部屋の紹介をされた経験をしたことがあるのではないでしょうか?

しかし、おとり物件の心配をしなくて良いのが『イエッティ』です。

希望条件を入力さえしておけばチャットでお部屋の紹介をしてくれます。お部屋の下見をしたければ現地での待ち合わせも可能となっています。

その為、オンライン不動産として注目を浴びており、毎日新聞や日本経済新聞など多数のメディアにも紹介がされている、安心してお部屋探しができるサービスなのですね。

おとり物件の心配をする必要もなければ、仕事の合間や仕事帰りに自宅で部屋探しをできるので、人気となっています。

>>>イエッティの公式サイトへ

PAGE TOP