女性

賃貸で空いている(空室)と言われたのに入居済みの真実暴露

部屋探しをしている際に賃貸の不動産会社へ問い合わせをしたところ、空いている(空室)のでお店へ来て頂ければ、物件紹介致しますよと言われたので来店・・・

お店へ行ったらもう入居者が決まったや全然問い合わせた物件を紹介してくれないなんてことはありませんか?

騙されたと思う人もいるかと思います。

何でこんなことになるのか、元ルームアドバイザーが不動産会社の裏側を暴露させていただきます。

裏情報を知りたい方はご覧ください。

スポンサードリンク

賃貸会社へ行ったら入居済み

不動産会社へおとづれたら騙されたと思った経験をした人は非常に多いと思います。それは有名な大手であろうが、無名な小さな不動産会社へ入店しても変わりません。

問い合わせ段階では空いてると言われたのに、入居済みの部屋の場合、大きく分けると可能性として4種類あります。

騙されたケースと真実を言っているケースになります。
それぞれのケースについて紹介致します。

また、わたしだったらどうやって部屋探しをしていくかについても触れています。ルームアドバイザー時代であれば自分で部屋探しをしていましたが、辞めた今ならどのように部屋探しするか紹介しています。

最初から入居済みのケース

そもそも最初から入居者がいる部屋を物件検索サイトに登録している場合です。

自社物件を保有している会社が行います。
物件検索サイトに登録できる部屋の数は200、300と枠が決まっています。

しかし、枠が余っていようが毎月払わなければいけない利用料が変わらないこともあるので、そのまま空きの枠として残しておくのはもったいないです。

そのため、枠の限界まで部屋の入力するために既に入居済みの部屋が入力されていることがあります。

当然、最初から嘘をついているわけなので、問い合わせした客に 入居していますということはないでしょう。

問い合わせ段階で調べていないどころかそもそも確信犯として物件の入力をしています。

条件を良くして物件検索サイトに掲載

もともとの条件を良くして部屋の掲載をしているケースとなります。部屋自体は空いているけど、敷金2ヶ月のところを1ヶ月で入力しているので、そもそもお客さんに紹介をすることができないケースです。

完全なる客寄せ物件です。

しかし、その客寄せ物件をそのまま放置することはできないので、「問い合わせ頂いた部屋は入居者が決まりましたけど、同じマンション内で空室があります。」のように言って、来店したお客さんに本来の条件の図面を出すことがあります。

当然、物件検索サイトには良い条件で載せているので問い合わせした条件より賃料が高かったり、礼金が高かったりします。特に分譲マンションだとそうなのですが、部屋ごとに大家が違うので賃料や礼金などの条件も全く異なってきます。

わたしが始めて入居した部屋も賃料が7万円で礼金0ヶ月だったのですが、同じマンション内の4つ下の階で賃料7万5千円で礼金1ヶ月の物件もありました。本来なら高い階の部屋になるほど賃料は上がるのですが、分譲マンションだとこのようなことが良く起こります。

本当に入居者が決まったケース

賃貸物件は本当にタイミングが大事で契約したい部屋が数分の差で入居できないケースはあります。

実際にわたしがルームアドバイザーとして働いていた時代にも問い合わせを頂いた段階では部屋が空いていたのに、来店されるちょっと前に確認したところ入居者が決まっていたケースはあります。

当日に空きを確認して、下見してそのまま会社で契約書を書いている最中に入居者が決まりましたと連絡が入ることもありました。

このケースは頻繁にって訳ではないですが、結構あります。すごく興味を持った部屋があったのであれば、問い合わせをしたらできるだけ早いタイミングで不動産会社へ来店をした方がいいです。

ちょっとしたタイミングで入居者が決まってしまうことは大いにあります。

真実の暴露のまとめ

おそらく、問い合わせの段階で空いているのに入居者が決まったと言われたらほとんどの人が騙されたと思うのではないかと思います。

必ずしもそうではないのですね。

不動産業界では嘘を言う会社や営業マンもいるので、非常に不信感でいっぱいの業界ではあると思います。

わたしもネットで検索して色々とお店に行く際には今までの知識から本当のことを言っているのか見極めようとしながら話をしています。

結局、嘘を言っている会社で良い物件が見つかるのならそれでもいいとは思いますが、興味の無い部屋をいくら紹介されても時間の無駄でしかないです。

そのため、嘘をいっていそうであったりするのならすぐに退転して他の不動産会社をおとづれます。

結局賃貸はどこの会社でも同じ部屋を紹介することはできるので、他の会社で問い合わせした物件について聞いてみたり、似たような条件の部屋を紹介してもらえれば良いだけでしかないです。

不信感を抱くような会社であれば別の不動産会社をおとづれるようにしましょう。

おとり物件の無い部屋探しサイト

イエッティ

賃貸物件の空室を問い合わせしたにも関わらず、実際は存在しないおとり物件であることも非常に多いです。

店舗へ来店しても問い合わせした物件の下見はできず、他のお部屋の紹介をされた経験をしたことがあるのではないでしょうか?

しかし、おとり物件の心配をしなくて良いのが『イエッティ』です。

希望条件を入力さえしておけばチャットでお部屋の紹介をしてくれます。お部屋の下見をしたければ現地での待ち合わせも可能となっています。

その為、オンライン不動産として注目を浴びており、毎日新聞や日本経済新聞など多数のメディアにも紹介がされている、安心してお部屋探しができるサービスなのですね。

おとり物件の心配をする必要もなければ、仕事の合間や仕事帰りに自宅で部屋探しをできるので、人気となっています。

>>>イエッティの公式サイトへ

PAGE TOP