年寄り

賃貸で窓ガラスが割れた修繕費は払わなくても良い。騙されるな。

賃貸物件で引越す際に窓ガラスが割れていたとしても、必ず入居者が払わなければいけない訳ではあります。引越しの際に窓が割れていて入居者負担となるケースと大家負担ケースの2種類が存在します。

窓ガラスが割れるのは必ずしも入居者の過失ではないのです。誰でも簡単にどちらが修繕費を負担しなければいけないのか見分けることができるので、是非、ご覧ください。

大家や管理会社が本来は入居者負担ではないのを分かっているにもかかわらず、請求してくるケースは非常に多いです。わたしも実際に請求されたので話をしたら直ぐに修繕費用を支払わなくて良いことになった経験があります。

知らない人も多いので、駄目もとで請求をしてくるケースは非常に多いので退去の立会いの前に必ず把握しておきましょう。

スポンサードリンク

窓ガラスの修繕費はどちらもち?

窓ガラスの修繕費を入居者が払わなければならないのは過失による窓割れがあげられます。分かりやすく言うと、入居者の行動のせいで割れてしまった場合のことになります。

逆に大家が負担しなければならないケースは耐久度による窓割れになります。窓ガラスは何もしていなくても割れてしまうのですね。

それは超常現象でも何でもなく、割れてしまう性質を持っているのです。大家負担なのか入居者負担なのかは窓ガラスの割れ方を見れば素人でもすぐに分かります。

しかし、多くの大家や管理会社の立会いの際には教えてくれないので、入居者に請求するケースがほとんどです。入居者が知っていたら大家負担にすれば良いや程度の考えで入居者に駄目もとで請求している会社は非常に多いので注意です。

入居者負担の窓割れの具体的内容

窓ガラスが割れた際の大家が修繕費を払うことになるケースとしては物をぶつけたことにより割れてしまったケースです。これに関しては入居者の行動が原因となっているので、当然引越しの際に支払わなければなりません。

他にも高い所に積んでいた荷物が落ちた際に割れてしまうケースもあります。この場合においても入居者が危ない位置に荷物を置いていたということで、過失となる事故負担で修繕しなければなりません。

入居者の不注意などによって割れてしまった場合に関しては自己負担となり、間違いなく退去費用として請求がされます。

入居者負担の窓の割れ方

衝撃などにより窓が割れた際に関しては特徴があります。ある一点を中心にして窓にヒビが入っていきます。

ボールを窓にぶつけてヒビが入ってしまったのを想像すると分かりやすいかと思います。ボールの当たった場所は丸くヒビがはいっており、そこを中心として全体的にヒビが広がっています。

一点に衝撃が加えられたことにより、窓が割れてしまっているので、このようなヒビの広がり方となります。

修繕費が大家負担の窓割れ

入居者が退去費用を払わなくても良いケースの窓割れに関しては熱割れと呼ばれます。熱割れとはどういったことかというと、部屋の中の室温と外の気温の差により窓が割れてしまうケースです。

一切の衝撃は与えていないのですが窓の部屋側と外側で温度が全然違うことにより、自然と窓が割れてしまうのです。

衝撃などを与えた覚えが全くないのに割れているケースはほとんどが熱割れです。見に覚えがなければ非常にこの可能性は高く、入居者が原因ではないの退去費用を払う必要はないのです。

主に夏にエアコンをつけていたり、冬に暖房を付けていたりすることによって割れるのですが、冷暖房を日常的に使うのは当たり前のことなので大家負担となります。

熱割れによる窓の割れ方

熱割れによる窓の割れ方は誰が見ても一目両全です。ある一点を中心に割れているのではなく、全体的にヒビが入っています。窓のはしなどからヒビが広がっていることが多いです、

衝撃によって割れているのではなくて、温度差によって割れているのでどこかを中心にしたヒビが入っているようなことではないのですね。

割れた窓を見ていただいて、全体的にヒビしか入っていないのであれば熱割れです。そうではなく、丸い衝撃部分を中心にして割れているのなら、普通の割れ方となり入居者負担となります。

最近では毎年のように夏になると気温は去年より上がり、冬になると逆に気温が下がります。そのため、熱割れが生じているケースは非常に多いです。

わたしがはじめて住んだ賃貸マンションでは窓ガラスが8枚あるのに対し、5枚も割れていたなんてケースがあります。今、現在住んでいる家に関しては1年も経っていないにもかかわらず1枚割れています。

全て熱割れによるのが原因です。

大家は熱割れでも請求してくる

引越しの際の原状回復費用として窓割れに関しては熱割れだとしても請求してくるケースがほとんどです。熱割れなんてことを知っている入居者はほとんどいないので、とりあえず駄目もとで請求してくるのですね。

もしも、それで熱割れではないですか?と問われたら大家が負担すれば良い程度に考えているのです。大家の中にはそんなの知らないなんて人もいますが・・・。

実際にわたしも何度か熱割れが生じ、賃貸物件を退去する際に修繕費として請求がされています。そこで一言「熱割れなのに入居者が支払わなければならない説明をしてください」と伝えるだけで、大家が支払うようになります。

「確かにこれは熱割れですね」なんてことを言うのですが、窓を見れば誰が見ても分かることなのでとぼけているだけなのですね。

一昔前に比べれば国土交通省が退去費用の指針となる「ガイドライン」と呼ばれるものを発表したことにより悪質な大家も減ったのですが、それでもまだ多く存在します。

国土交通省が発行しているガイドラインにも熱割れは大家負担とされているので、万が一請求されたのであれば、一度話をした方がいいです。でないと、大家のためにあなたが窓ガラス代を支払わなければいけなくなります。

おとり物件の無い部屋探しサイト

イエッティ

賃貸物件の空室を問い合わせしたにも関わらず、実際は存在しないおとり物件であることも非常に多いです。

店舗へ来店しても問い合わせした物件の下見はできず、他のお部屋の紹介をされた経験をしたことがあるのではないでしょうか?

しかし、おとり物件の心配をしなくて良いのが『イエッティ』です。

希望条件を入力さえしておけばチャットでお部屋の紹介をしてくれます。お部屋の下見をしたければ現地での待ち合わせも可能となっています。

その為、オンライン不動産として注目を浴びており、毎日新聞や日本経済新聞など多数のメディアにも紹介がされている、安心してお部屋探しができるサービスなのですね。

おとり物件の心配をする必要もなければ、仕事の合間や仕事帰りに自宅で部屋探しをできるので、人気となっています。

>>>イエッティの公式サイトへ

PAGE TOP