メリットとデメリット

敷金礼金ゼロのデメリット※元賃貸会社がカラクリを暴露

昔は敷金2ヶ月・礼金2ヶ月の賃貸物件は多かったです。
しかし、最近は初期費用を抑えたいって人が非常に多く、敷金礼金ゼロ物件がたくさん出てくるようになりました。

敷金礼金ゼロ物件は賃貸会社ではオールゼロ物件とも呼ばれるのですが、初期費用が非常に安く済ませることが可能となっています。

しかし、デメリットは存在します。きちんとカラクリがあるのですね。
ネットを見ると退去費用に項目が増えて損するとか鍵交換代がかかるなど書かれていますが全くのデタラメです。

敷金2ヶ月礼金2ヶ月の部屋でも鍵交換代が明記されている部屋は多くあります。
元ルームアドバイザーとして賃貸会社で働いていたわたしが本当のデメリットとカラクリを暴露させていただきます。

きちんとカラクリを理解したうえで他の物件と見比べてみれば違いが分かるはずです。

スポンサードリンク

敷金礼金ゼロ物件のデメリット

敷金礼金ゼロ物件の最大のデメリットは長期間住むと確実に損をすることです。

オールゼロになっている仕組みとしては相場より賃料を高くしています。
最近の賃貸業界の傾向としては初期費用を払えないって人は多いです。

毎月の家賃を6万円、7万円と払うことができるのけど、貯金をしていないので敷金や礼金が2ヶ月分だと最初に払う金額が足りないのですね。

カードでのローンに対応している会社もでてきましたが、ごく一部になりますし利子などの手数料もかかってしまいます。

それを踏まえてお客さん呼び込みように作られたのが敷金礼金ゼロ物件です。

最初の初期費用に関してはほとんどかからないのですが、相場より家賃を高くすることによってトータルでの収入は帳尻があうようにしています。

結局は先に払うか毎月分割で払っているかの違いになります。

主に2年ぐらいの間隔で設定されていることが多いです。
2年以内程度であれば敷金礼金ゼロ物件ならデメリットはなく、メリットが大きいです。

ただ、1年や2年の契約が前提となっていることが多いです。
途中解約となると家賃一か月分かかるなどして、礼金1ヶ月分を徴収して結局は帳尻があるようになっています。

敷金礼金ゼロ物件がおすすめの人

デメリットから考えてもらえれば分かるのですが、お得間を味わえる人は2年以内に引越しをする人です。

トータルの金額を計算すれば相場どおり又は相場以下で入居することができるはずです。
関西などの地域は分からないのですが、東京近郊であれば更新時期が2年後の賃貸物件がほとんどなので、更新のタイミングで引越せば問題はありません。

また、引越しはしたいのだけど貯金がなくて初期費用が払えないって人もおすすめです。
最初に敷金や礼金を払うかまたは分割で払っていくからです。

逆に向いていない人は長期間すむ予定の人です。
4年5年と住むつもりであるのならトータルの支払い金額は相場より高い賃料となっているので損をします。

敷金礼金ゼロ物件に入居する際はどれぐらいの期間すむことになるのかを踏まえた上で、先に支払った方がいいのか、それとも後に支払った方が良いのか考えればいいと思います。

初期費用が払えないのであれば問答無用で敷金礼金ゼロ物件となりますが、2年後ぐらいに退去するのを踏まえた方がいいです。

退去費用は高くなるのか?

退去費用の項目として鍵交換代やルームクリーニングが追加されているので高くなると書かれているサイトは非常に多いのですが、全くのデタラメとなります。

敷金礼金0物件だから条件を付け足すなどはまずありません。

ただ、注意しなければいけないのが敷金を納めていないことです。
敷金を抑えているのであれば退去時にあなたの過失による部屋を汚した部分の修復費用(現状回復費用)は敷金からマイナスされたものが返金されるのですが、0物件なので全く収めていません。

そのため、退去時に過失がある部分に関しては退去費用が請求されます。
敷金礼金0物件だから請求されるのではなくて、敷金を1円も納めていないので請求されるのです。

特別敷金を10ヶ月払っていようが最初から1円も払っていなかろうが退去費用の項目が増えたり、金額が高くなることはありません。

どちらかというと、敷金を納めていない方が退去費用の話はうまくいきます。

間違った情報に騙されないで

他の情報サイトを指摘するのはいやなのですが、結構間違った情報を書いている人が多いです。

ルームクリーニング代が請求される。
他に別の費用が請求される。

などなど、危険なので気お付けてくださいって書かれているwebページも多いですが、まったく関係ないです。

試しに物件検索サイトで他の部屋の条件を見てもらえれば分かるのですが、鍵交換代が敷礼2ヶ月の物件でも載っているのがあったりします。

不動産会社に入った際に担当に聞いてもらえれば分かるのですが、丁寧な営業マンであればわたしと同じ説明をするはずです。(デメリットなんてないって、でまかせを言う営業マンには逆に気お付けて下さい)

引越し手引き書で暴露情報として載せていることを見ていただければ分かるのですが、不動産業界は色々と裏がある業界ではあります。

そのため、実際に働いた経験のある人でなければ知らないことも多いので、間違った情報がたくさん出回ってしまうのだと思います。不動産業界とは素人のWEB関係者が想像で書いていたりすることもあるので本来と違った情報が出回ってしまうのですね。

簡単にネットで色々と調べることができるようになりましたが、その分間違った情報も多く出回っているのできちんと根拠を確認しつつ間違っていないのかあなた自身が判断することも必要となります。

おとり物件の無い部屋探しサイト

イエッティ

賃貸物件の空室を問い合わせしたにも関わらず、実際は存在しないおとり物件であることも非常に多いです。

店舗へ来店しても問い合わせした物件の下見はできず、他のお部屋の紹介をされた経験をしたことがあるのではないでしょうか?

しかし、おとり物件の心配をしなくて良いのが『イエッティ』です。

希望条件を入力さえしておけばチャットでお部屋の紹介をしてくれます。お部屋の下見をしたければ現地での待ち合わせも可能となっています。

その為、オンライン不動産として注目を浴びており、毎日新聞や日本経済新聞など多数のメディアにも紹介がされている、安心してお部屋探しができるサービスなのですね。

おとり物件の心配をする必要もなければ、仕事の合間や仕事帰りに自宅で部屋探しをできるので、人気となっています。

>>>イエッティの公式サイトへ

PAGE TOP