敷金償却とは?知らないと損する意味を紹介

物件検索サイトなどで部屋探しをしていると敷金の横に償却と書かれている図面を見かけることがあります。この償却が付くことによって敷金とは大きく意味が変わってきます。

もしも、知らずに入居することになると予想していたよりも多額の金額がずれてしまい損することにもなりかねないです。

敷金償却とは紹介するのできちんと意味を把握して、後から後悔しないようにしましょう。

部屋探しは色々と専門用語があるので、きちんと把握していないと後悔することも多いです。

スポンサードリンク

敷金償却とは

専門用語を解説
敷金償却とは、入居時に支払った敷金が帰ってこないことです。ただ、礼金とは違いあくまで敷金には変わりないので、きちんと退去費用の清算に充当されます。退去時に大家に支払うことになる現状回復費用で必要な金額に関しては償却となる敷金の金額分使用がされます。

ただ、あまった金額に関しては返却がされずそのまま大家のフトコロに入ります。分かりやすくいうと退去時に現状回復費用として使いますが、もしも余っても返金はしないってことです。

どれだけきれいに部屋を扱っていようと入居期間が1日だけとしても償却された分に関しては支払われないのですね。

逆に敷金償却した金額だけで足りなくなれば別途退去費用を支払う必要があります。

入居者にとって償却が付いていた方が良いのか悪いのかでいえば、間違いなくデメリットでしかないわけです。

ただ、注意して欲しいのがデメリットが付いているから別の部屋にするのではなく、総合的に他の部屋と比べたりして、どの部屋が選ぶようすれば良いだけです。

償却が付いていても掘り出し物件となるような条件の良い部屋もあったりします。

家賃8万円の家で例を上げて紹介

居室
分かりやすいように敷金償却の意味を例を上げて紹介してみようと思います。入居する部屋の条件は家賃8万円・敷金1ヶ月(償却)・礼金0ヶ月です。

入居時に支払う金額は当然、敷金の1ヶ月分である8万円は支払う必要があります。2年後に退去しようと思い大家に立会いをしてもらったところ、退去費用が7万円となりました。

入居時に敷金1ヶ月分となっている8万円を支払っているので、本来なら指し引きした1万円が口座に返金されます。しかし、償却が付いていることによって、余った1万円は返金はされずそのまま大家のお金となります。

反対に退去費用が9万円となったのであれば、敷金1ヶ月分の8万円を引いた1万円を大家に支払えば良いことになります。

以上が例となります。敷金償却とは最低限必ずかかる退去費用と考えておくと意味が分かりやすいと思います。

初期費用の計算方法についてはこちらで紹介しています。
>>>賃貸の入居の際に掛かる初期費用

違法ではないのか


結論から言わせて頂きますと敷金償却は1ヶ月2ヶ月程度の範囲であれば全く問題がありません。大家との退去費用に関するトラブルは非常に多く、裁判まで発展することもあるのですが、過去の判例などを見ると、敷金償却は許容範囲であれば有効との判断がされています。

償却金額が1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月程度であれば、法外な金額では無いわけですし、契約の際に納得をしている訳でもあるので、入居者が支払う必要がでてきます。

但し、敷金償却の金額が10ヶ月、20ヶ月となるとあきらかに膨大な金額を徴収しているのが分かります。家賃8万円の物件に住んで退去費用が80万円となると普通の人ではありえ無いほど部屋を壊さなければ現状回復費用はそんなにかかりません。

故意でハンマーなどを使用して、壁を壊しまくっているレベルです。あきらかに原状回復費用の範囲を大幅にオーバーしているのでこの際には敷金が返金される可能性が高いと思われます。

ただ、裁判を行う手間が発生しますが・・・

結局のところは裁判となると判例が重きをおかれることになるのですが、必ずではないので結果はどうなるか分かりません。わたしは法律の専門家ではありませんが、常識の範囲内の金額であれば勝訴できる可能性は判例を見ると低いと思われます。

おとり物件の無い部屋探しサイト

イエッティ

賃貸物件の空室を問い合わせしたにも関わらず、実際は存在しないおとり物件であることも非常に多いです。

店舗へ来店しても問い合わせした物件の下見はできず、他のお部屋の紹介をされた経験をしたことがあるのではないでしょうか?

しかし、おとり物件の心配をしなくて良いのが『イエッティ』です。

希望条件を入力さえしておけばチャットでお部屋の紹介をしてくれます。お部屋の下見をしたければ現地での待ち合わせも可能となっています。

その為、オンライン不動産として注目を浴びており、毎日新聞や日本経済新聞など多数のメディアにも紹介がされている、安心してお部屋探しができるサービスなのですね。

おとり物件の心配をする必要もなければ、仕事の合間や仕事帰りに自宅で部屋探しをできるので、人気となっています。

>>>イエッティの公式サイトへ

PAGE TOP