0 (10)

賃貸でオートロックのメリットとデメリット※本当に必要?

賃貸物件のオートロック付き物件のメリットとデメリットを紹介致します。

防犯性を考えてオートロックが付いている物件を探している人は多いのですが、実はセキュリティ的メリットはそこまでありません。

逆にデメリットもあります。

ただ、オートロックはセキュリティ以外の面でのメリットは大きいです。これから引越しを考えている人は是非、参考にして頂ければと思います。

スポンサードリンク

オートロックのメリット

オートロック付き物件の最大のメリットは訪問営業の人が来ないことです。マンションのエントランス部分にインターフォンマイクが付いているので直接、顔を合わせて話さなくて良いので簡単に断ることができます。

普段、断るのが苦手って人でも「結構です」の一言でインターフォンを閉じることもできるので、めんどうがありません。

そのことは訪問している営業マンも分かっているので、頻繁に来ることはほとんどありません。アパートに住んだことがある人なら分かるのですが、非常に訪問営業は多いです。

特に新聞の勧誘に関しては頻繁におとづれる家もあります。新聞の勧誘をしている人と知り合ったので聞いたことがあるのですが、ドアさえ開けて貰えればドアを閉めれないように立つことで、断る人が少なくなるみたいです。

オートロックがあればドアを開ける必要もないので、そんな心配いらないのですね。営業マンのルートになっている地域は非常に訪問営業は多いので、オートロックがあることで断りやすくなるとともに、訪問数も減ります。

セキュリティに関するメリット

セキュリティに関するメリットはほんの少ししかありません。全く知識のないストーカーの進入を防ぐ程度で、プロの泥棒などのは有効にはなりません。

普通の人はオートロックを入る際に一緒に見知らぬ人が付いてきても声をかけることはありません。声をかけたとしても住人ですといわれてしまえばしつこくは聞けないです。

一緒についてくる人を中にいれずに、扉が閉じてから自分で空けてくださいと言うのも無理があります。セキュリティよりも本当に住人だったら失礼ではないかって気持ちが働いてしまうのですね。

また、適当に部屋番号を押して書留の配達ですと伝えれば簡単に空けてもらうことができます。宅配ボックスがあったとしてもサインを貰わなければならない書留などには通じないのですね。

オートロック物件は安全だと考えている人もいますが、実はそこまでセキュリティの効果はないです。センサーのタイプによっては扉の内側に紙を入れるなどすれば簡単に開いてしまうことも多いです。

紙は郵便ポストなどにチラシが入っているので、手ぶらで歩いてたとしても現地調達することができます。最新のオートロックであれば防ぐことができますが、築年数10年以上のマンションやアパートであれば紙1枚で空いてしまうタイプは多いです。

最新のタイプであればある程度セキュリティがあがりストーカーなどの素人であれば、自分ひとりであけることはできないですが結局、他の人に付いて入ったり、適当な部屋に配達と伝えてしまえば良いので効果はそこまでありません。

オートロックのデメリット

オートロックのデメリットは中にいる住人は全く疑われないってことです。関係ない人は入ることができないと考えている人は多いので、マンションの住人または訪問客としか思わないのです。

そのため、オートロックさえ突破してしまえば全く関係ない人でも堂々と行動していれば怪しまれることはありません。逆にセキュリティ的デメリットが存在しているのですね。

泥棒でオートロック付きマンションを専門に狙う人もいます。住人だと思われるのでもしも人と出会っても印象に残らないので証拠が残りづらいですし、安心間が生まれているので数分の外出の際にカギをかけない人も多いです。

オートロック物件はセキュリティ面のメリットがあるとは限らないです。逆に危険なこともあるのです。

あるのと無いのではどちらが良い?

賃貸で部屋探しをするときにオートロックがあった方が良いに越したことはありません。訪問営業をさけることができますし、全く知識の無い人であれば侵入を防ぐことはできます。

プロの泥棒を防ぐことは全くできませんが、全くの素人であれば侵入を防ぐことができます。ストーカーでもちょっと調べれば空け方が分かるので進入される可能性はありますが、最初から調べもせずにあきらめるひともいます。

無いよりはあるに越したことはないです。ただ、セキュリティが万能だと過信するのはやめてください。ここで紹介しているように逆にデメリットも存在あります。

あくまでおまけ程度で考えて、セキュリティ対策はしっかりしましょう。コンビニに行っている5分程度の時間でも泥棒に進入されたりする可能性はあるので、きちんと部屋のカギは閉めるようにしましょう。

おとり物件の無い部屋探しサイト

イエッティ

賃貸物件の空室を問い合わせしたにも関わらず、実際は存在しないおとり物件であることも非常に多いです。

店舗へ来店しても問い合わせした物件の下見はできず、他のお部屋の紹介をされた経験をしたことがあるのではないでしょうか?

しかし、おとり物件の心配をしなくて良いのが『イエッティ』です。

希望条件を入力さえしておけばチャットでお部屋の紹介をしてくれます。お部屋の下見をしたければ現地での待ち合わせも可能となっています。

その為、オンライン不動産として注目を浴びており、毎日新聞や日本経済新聞など多数のメディアにも紹介がされている、安心してお部屋探しができるサービスなのですね。

おとり物件の心配をする必要もなければ、仕事の合間や仕事帰りに自宅で部屋探しをできるので、人気となっています。

>>>イエッティの公式サイトへ

PAGE TOP