おとり物件の見分け方

おとり物件の見分け方※賃貸の専門家が教える10秒で調べる方法


賃貸にはおとり物件は多く存在します。ネットで部屋を検索するとこができるサイトはスーモ(suumo)やホームズ(ホームズ)と色々とありますが、まず、全てのサイトでおとり物件は存在すると考えて良いです。

おとり物件の見分け方はどのようにすれば良いのか紹介させて頂きます。敷金や礼金、賃料などの条件で判断すれば良いと言われる方は多いですが、はっきり言ってそんなの普通の人では相場が分からないので見分けが付きません。

わたしのようにルームアドバイザーの経験がある人でなければ家賃相場が分かったとしても敷金や礼金と時期も含めた相場なんて分かりませんからね。

わたしが紹介させて頂くのは誰でも簡単に見分けられる方法を紹介させて頂きます。

おとり物件の見分け方

おとり物件の見極め方

ネットの物件検索サイトで気に入ったお部屋が見つかったのならYAHOOやグーグルなどで条件を入力して検索をすればOKです。賃貸のお部屋はどの不動産会社でも他社で管理している物件の紹介をすることができます。

条件を入力して検索すれば色々な会社が入力している同じ物件のデータが複数見ることができるのです。もしもおとり物件であれば各社入力している条件が違います

もしも、敷金1ヶ月礼金1ヶ月のように掲載されていたのに他の不動産会社では敷金1ヶ月礼金2ヶ月となっていたのなら、おとり物件であることがほとんどです。

相場なんて全く分からなくても誰でも簡単に調べることができるのです。各サイトの見分けるための検索方法は異なるので下記で各サイトごとに紹介しています。

おとり物件とは

賃貸でのおとり物件とは既に入居者がいるけど条件の良い部屋をそのまま掲載していたり、本来の募集している条件より賃料や礼金、敷金を安くしていることが上げられます。

全く存在しない物件を掲載する人はまずいないはずです。物件の写真も用意できないですし、そこまで悪質な不動産会社はさすがに聞いたことがないです。

あくまでネットで掲載されている物件とは本来の条件が異なるので、もしも問い合わせがきたのなら、部屋が空いてると来店をうながすにもかかわらず、店へおとづれた時にはもう既に入居済みになりましたと案内します

おとり物件は客寄せのために条件を良くしているので実際に紹介することはできないのです。紹介する際にはネットに載っている部屋は決まったけど、他の号室であれば紹介できますなど案内されます。

しかし、他の号室は条件が違うので実質全く別の部屋になるのです。

おとり物件の心配のない物件検索サイト

残念ながらおとり物件は数多く存在します。賃貸の部屋探しをした経験のある方は思い当たるふしがあるのではないでしょうか?

長時間かけて良さそうな部屋を見つけても案内して貰えないので引越しがめんどうと感じる人も多いです。

そんな人に人気となっているのが「イエッティ」と呼ばれるサービスです。登録して希望条件を入力しておけば条件にあったお部屋をチャットで紹介をしてくれます。

下見をする際には現地での待ち合わせとなるので、お部屋の中が見れない部屋を紹介されることもなければおとり物件の心配をする必要もありません。

そのためか、日本経済新聞などのメディアなどでも掲載がされるだけでなく、数々のメディアで取り上げられており、利用者が増えているサービスとなります。

料金も通常の不動産会社と同じように入居が決まった際に仲介手数料を支払うだけなので安心して利用できると満足している人が多いです。

>>>イエッティの公式サイトへ

イエッティなら部屋探しサイトのおとり物件を調べて貰える

イエッティであればホームズやスーモといった部屋探しサイトの物件情報がおとり物件か調べて貰うことができます。

賃貸に関してはどこの不動産会社でも同じ部屋を紹介することができます。そのため、不動産会社のシステムを使えば実際にネットに載っている部屋が存在しているのかや家賃などの条件まで全て分かるようになっています。

部屋探しサイトは沢山ありますが、気になる部屋があるのなら、イエッティの担当にチャットでマンション名を送れば空室確認や条件を調べて貰うことができます。

そのため、おとり物件でないかを簡単に見分けることができるのですね。
イエッティの公式サイトへ

物件検索サイトごとの見極め方

物件検索サイトによって違う

おとり物件の見極め方は分かったと思うのですが、どの検索サイトを利用するかにもよって、グーグルやヤフーで検索する内容も異なってきます。

物件検索サイトごとに部屋名が載っていたりと掲載されている項目が違うので、サイトごとに調べる方法は変わってきます

一番簡単に見分けることができるのは物件名が載っているサイトです。マンション名やアパート名で検索すればすぐに引っかかるので一瞬でおとり物件か見分けることが可能となっています。

どの物件検索サイトでも掲載している部屋の数や条件はそんなに変わらなかったりするので、できるだけマンション名やアパート名の記載がされているサイトを利用するといいです。

おすすめはキャッシュバック賃貸です。

キャッシュバック賃貸のおとり物件見分け方

見分け方
キャッシュバック賃貸はおとり物件を見分けるのが一番簡単なサイトになります。マンション名、アパート名と建物の正式名称が記載されているので「物件名 賃貸」で検索すれば、色々なサイトが入力しているデータがすぐ出てきます。

検索結果の上から2、3個開いて敷金・礼金・賃料・号室の4つを確認してください。全て同じであればおとり物件ではないです。一つだけあきらかに条件が違ったりするのであれば、それはおとり物件となります。

興味のある部屋を見つけたのであれば、まずはおとり物件でないか見分けましょう。慣れれば一つの部屋を10秒程度で調べることができます。

ちなみにキャッシュバック賃貸から問い合わせをして、部屋が決まると1万円以上がキャッシュバックされます。どの部屋探しサイトを利用しても出てくる物件の数はほとんど変わりはないので、どこを利用しても情報がどこまで載っているか程度しか変わりはありません。

おとり物件を調べやすく、キャッシュバックもされる「キャッシュバック賃貸」は一番おすすめです。


スーモ(SUUMO)のおとり物件見分け方

スーモ
スーモーはおとり物件を調べるのは少し手間がかかる物件検索サイトになります。理由としては物件名が載っていないのを良く見かけるからです。せめて正確な住所が載っていれば良いのですが、途中までしか表示されていないことがほとんどです。

1丁目、2丁目後の番地などが載っていないのでエリアも大きくなってしまいます。そのため、検索してもすぐに同じ物件が見つからないことも多いです。

そのため、物件名から検索することはできません。おとり物件か見分ける検索方法としては「記載されている途中までの住所 賃貸 賃料」で検索をします。

しかし、そのエリアにある似たような条件の部屋が色々とでてきてしまうので、検索結果の10個ぐらいまで調べてみないと同じ部屋が2個、3個と見つけることはできないです。

検索するのもめんどうですし、検索結果をいくつも調べるのはめんどうなので個人てきにはあまりおすすめすることはできないです。suumoだと1分から5分ぐらい調べるのに時間がかかることもあります。

スーモ

PAGE TOP