賃貸で家賃の値下げ交渉をすることができる部屋とは?

賃貸物件には家賃交渉ができるケースとできないケースが存在致します。

普通の人から見れば賃貸の不動産会社は全て同じかも知れないですが、実際のところは違います。

その形態によって、主に家賃交渉ができるのかできないのかが変わってきます。
ではどういった賃貸物件であれば家賃の値下げをしてもらえるのでしょうか!?

それは仲介専門なのか大家から直接依頼を受けているのかによって異なってきます。

スポンサードリンク

賃貸で家賃の値下げ交渉が可能な部屋

賃貸物件で家賃の値下げ交渉に応じてくれる部屋は来店しているお店が管理している部屋(自社物件)となります。

直接、大家から部屋の仲介を依頼されているので大家との交渉もしやすく、多少の値下げであれば応じてくれることがあります。

安くなるかは大家次第ではあるのですが、交渉を行ってくれる可能性は非常に高いです。交渉をしてくれないのならそもそも値下げが無理な可能性は高いです。

大家と不動産会社にやり取りがあるだけでにどんな人なのかも熟知しています。多少値段を下げてでもすぐに入居者を入れたいのか、それとも通常通りの値段でも良いのでお客さんをつけて欲しいのかが不動産会社も分かっています。

絶対に交渉に応じない大家なのが分かっていれば交渉をしても無駄に終わるので、無駄となります。

値下げ交渉をしたデメリット

値下げ交渉をした際のデメリットは審査に通らなくなる可能性があがることです。

大家の一番の心配ごととしては家賃の滞納が上げられます。家賃の滞納をしている人は非常に多いのですが居住権と呼ばれる入居者の権利があるので簡単に追い出すことはできません。

そのため、入居者の審査をするのですが、きちんと家賃を払えそうなのかが大事となってきます。大家としては値下げをしなければ入居できない収入であると考える
人もいるので、審査に落とされる可能性があがるのです。

値下げに応じてくれたのであれば、その際にある程度の収入などを大家に伝えていることが多いので審査は問題ない可能性が高いですが、困るのは万が一値下げに応じてくれないときです。

値下げに応じてくれなくてもその部屋に住みたい際に、審査を通すと家賃の値下げ交渉をしてきた人って烙印があるので、審査に落とされる可能性があがります。

ただ、最近では保障会社を利用しているケースは非常に多いので、契約条件に加入が必須となっている物件であれば問題ないです。万が一家賃が滞納されたとしても大家からしたら保障会社から家賃が振り込まれるので問題ないのです。

値下げ交渉ができない部屋

値下げ交渉ができない部屋のケースとしてはおとづれている不動産会社が仲介業者である場合です。

どこかの不動産会社で管理している物件を仲介している訳なので大家とのつながりは全くありません。そのため、値下げ交渉をしてくれないことが多いです。

営業マンによっては大家から依頼を受けている管理会社に直接交渉をしてくれることもあるのですが、管理会社が大家と連絡してくれる可能性は低いです。

仲介業者であれば値下げ交渉は駄目もとでいうのはいいですが、安くなったらラッキー程度に思った方が良いです。

値下げの部分だけ見ると直接管理している会社の方が良いと思うかも知れませんが、実はそんなことは全くありません。直接大家から仲介の依頼を受けている会社は基本的に管理物件しか紹介しないので、部屋の数が少ないです。

逆に仲介のみの会社はそもそもの自社物件がないので、今募集がでている全ての部屋から物件の紹介をしてくれるので、選べる部屋の数が非常に多いです。どちらもメリットとデメリットがあります。

仲介業者かの調べ方

不動産会社が仲介業者か自社物件を持っている不動産会社かの見きわめ方はネットで調べている段階では分かりません。ただ、大体の見きわめをすることはできます。

基本的に部屋の管理と部屋の紹介の両方を行っている不動産会社は大手であることがほとんどです。そのため、CMで流れているような一度は名前を聞いたことがある不動産会社であれば、自社物件を保有している可能性が高いです。

逆に全く聞いたことがないのであれば、仲介オンリーの可能性が高いです。来店さえすれば担当の営業マンに自社物件なのかを聞けば教えてくれるはずです。嘘をつく業者もあるかも知れないですが・・・大抵は正直に答えてくれると思います。

大手の不動産会社へ行くのであれば駄目もとで値下げ交渉をしてみるのもありかもしれません。ただ、売買と違って賃貸のお部屋は値段が下がらないこと多いのを把握しておいた方がいいかと思います。

ネットで興味を持った物件が大手の管理もしている会社であれば、来店して交渉すればいいかと思いますが、色々な部屋を見てから決めたいのであれば仲介業者の方がいいかと思います。

おとり物件の無い部屋探しサイト

イエッティ

賃貸物件の空室を問い合わせしたにも関わらず、実際は存在しないおとり物件であることも非常に多いです。

店舗へ来店しても問い合わせした物件の下見はできず、他のお部屋の紹介をされた経験をしたことがあるのではないでしょうか?

しかし、おとり物件の心配をしなくて良いのが『イエッティ』です。

希望条件を入力さえしておけばチャットでお部屋の紹介をしてくれます。お部屋の下見をしたければ現地での待ち合わせも可能となっています。

その為、オンライン不動産として注目を浴びており、毎日新聞や日本経済新聞など多数のメディアにも紹介がされている、安心してお部屋探しができるサービスなのですね。

おとり物件の心配をする必要もなければ、仕事の合間や仕事帰りに自宅で部屋探しをできるので、人気となっています。

>>>イエッティの公式サイトへ

PAGE TOP