内見できない

賃貸マンションを内見・下見をしないで契約する人はいる?

賃貸マンションやアパートの部屋探しをしていて、内見や下見をしたいと思うのは当然のことです。

賃貸の契約の初期費用も安い訳ではないですし、引越し代金もかかります。合計金額も高くなるので、失敗をしたくないのは当然のことです。

そのため、多くの人が事前に内見と呼ばれる部屋の下見を行ってから契約をします。

しかし、マンションによっては不動産会社の営業によって理由を付けて内見・下見ができないといわれる物権もあります。

下見を決めずに部屋を契約する人がいるのでしょうか?また、内見できないのは本当のことなのでしょうか?

ここでは賃貸の下見や内見ができないことについて元ルームアドバイザーが裏側を紹介致します。

賃貸で内見ができないのは本当?

まず、結論からすると賃貸マンションやアパートで内見ができない物権は当然のことながら存在します。しかし、不動産会社の人が内見をさせたくないので、嘘をついているケースもあります。

そのため、必ずしも不動産会社の営業に下見できないといわれても信じることはできないです。

確かに部屋を内見できないケースってのはあります。しかし、状況によっては下見をさせたくないケースもでてくるのですね。

詳しい事例について解説していきます。

内見ができない理由

賃貸物件には内見ができない状況も生じます。

  • 入居者がまだ住んでいる
  • リフォームの最中

大家への部屋の退去予告は最低でも1ヶ月前には行わなければなりません。そのため、人が住んでいる段階で退去する日程は決まっています。

大家としても入居者がいない期間が長いほど、収入に繋がらなくなってしまうので、すぐに退去予定日が決定している時点で入居者の募集を開始することもあります。

また、修繕作業中でリフォームをしているケースも少なからずあります。ただ、不動産会社を通してお願いすると物件によってはリフォーム中でも部屋が見れることはあります。

しかし、必ずしもではなく他の業者が入っているので嫌がる大家が多いです。下見がしたければ駄目もとでも営業を通して伝えてみましょう。

下見できるのに嘘を付く理由

本来は下見をできるのに不動産会社側で嘘を下見できないと嘘をつくケースも存在します。理由としては思い浮かぶだけで4件あります。

  • 柱の位置で部屋がせまく感じる
  • 壁が厚く部屋がせまい
  • 周辺の環境が良くない
  • 案内しても契約まで繋がらなそう
  • 閉店まじかで早く帰りたい

部屋の広さは見てみなければ分からないこともあります。賃貸の専有面積は隣の部屋との壁の真ん中までです。そのため、壁を分厚くしていると実際の居住空間は狭くなってしまいます。

また、周辺の治安が悪かったり、街灯がないなどのケースもあります。

ようするに図面からだと分からないデメリットの部分を知られたくない為に、「内見ができないと嘘を付いて」下見させずに契約をさせるケースがあるのです。

嘘でも電話をかけたふりをする可能性もある

嘘をついて内見ができないといわれるケースだと、空電話と呼ばれる営業テクニックが行われることもあります。

自分の携帯などに電話をして、本来は相手はいないのにあたかも管理会社と話して内見ができないと伝えられたのを信憑性を出すのですね。

毎月の売り上げの高い営業マンほどこういったテクニックを使うことがあります。不動産会社で売り上げNO1だからといって、お客によろこばれる部屋を提案できている訳ではありません。

上手く営業テクニックを駆使して、時間を有効活用し、部屋の契約に繋げている可能性もあります。不動産の営業からしたら下見をせずに部屋が決まるならそれにこしたことはありません。

移動時間もかかりますし、交通費もかかりますからね。

賃貸の下見や内見ををしないで契約する人はいる?

気になった物件があって、下見ができないと言われた時に、不動産会社の人に内見せずに契約する人は多いですと伝えられることが多いです。

これは事実なのかと言うと、本当の話です。

実際に下見をせずに部屋を決めていく人はいますし、私がルームアドバイザーをやっていたお客さんでもいました。

特に繁忙期や人気の物件だと可能性は高くなります

特に繁忙期の時期に関しては下見ができないケースが多いです。1月から3月の繁忙期は4月の就職や大学への入学に控え、不動産会社には沢山の客がおとづれます。

そのため、良さそうな物件に関しては内見できずに決まっていくことも多いです。

特に人気の物件だと下見をせずに部屋が決まることもあります。ただ、不動産会社の人が人気の物件で下見をせずに決まる部屋ですといっても信じることはできないです。

その良い回しを理由に本来は内見できる部屋をできないと伝えているケースもあるからです。

嘘を付く不動産会社は見分けられる?

本来は内見できる部屋をできないと嘘を付く不動産会社の完全に見分けることはできません。

店舗では行っていなくても、営業の判断で行ってることもあります。売り上げがでてるのなら真面目な店長だとしても文句を言わないこともあります。

少しでも不信感をいだくのであれば、他の不動産会社でも聞いてみるようにした方が良いです。賃貸は仲介なので大抵の部屋に関してはどの不動産会社でも契約もできますし、下見の手配もできます。

電話で空室確認の問い合わせをして、空室といわれたのに他の物件を紹介されるような不動産会社であれば、不信感を抱いた方が良いです。おとり物件を掲載している会社であったり、空室確認をせずに部屋が空いてると答えているケースもあります。

元ルームアドバイザーして私ならどうする

元ルームアドバイザーとして私は不動産会社で勤務をしていた経験もありますが、個人的には下見は絶対にした方が良いと思います。

実際に図面では6畳と書かれていても壁が厚かったり、柱の位置が悪くてせまいと感じる部屋は沢山あります。また、天井が低いのでせまく感じるような部屋もあります。

図面が間違っていたりするケースも非常に多いです。実際に部屋の専有面積から計算をすると4畳しかなさそうなのに、6畳と書かれている部屋もあります。

普通は営業マンが電卓で計算して調べてはくれると思いますが、なかには図面通りの案内しかしないまたはできない人もいる可能性はあります。

長く住むつもりでいて、部屋探しに失敗したくないと考えるのであれば、内見・下見をするようにしましょう。

おとり物件の無い部屋探しサイト

イエッティ

賃貸物件の空室を問い合わせしたにも関わらず、実際は存在しないおとり物件であることも非常に多いです。

店舗へ来店しても問い合わせした物件の下見はできず、他のお部屋の紹介をされた経験をしたことがあるのではないでしょうか?

しかし、おとり物件の心配をしなくて良いのが『イエッティ』です。

希望条件を入力さえしておけばチャットでお部屋の紹介をしてくれます。お部屋の下見をしたければ現地での待ち合わせも可能となっています。

その為、オンライン不動産として注目を浴びており、毎日新聞や日本経済新聞など多数のメディアにも紹介がされている、安心してお部屋探しができるサービスなのですね。

おとり物件の心配をする必要もなければ、仕事の合間や仕事帰りに自宅で部屋探しをできるので、人気となっています。

>>>イエッティの公式サイトへ

PAGE TOP