内見で部屋の臭いで悩む女性

賃貸物件を内見したら臭い!下見したら下水の異臭がする

賃貸物件のマンションやアパートを内見・下見をしていると臭いと感じることは多いです。

特にキッチン・トイレ・洗面所付近に異臭を感じることが多いです。匂いの種類にもいくつかありますが、賃貸のお部屋であれば、下水の臭いがすることが多いです。

賃貸物件を探している人の中にはこれが原因で気に入っても部屋をあきらめてしまうことがあります。しかし、気に入った物件であれば、非常にもったいないことをしているといえます。

空室となった部屋は下水の臭いがするのは当然のこととなります。

ここでは賃貸の内見や下見をしていて下水臭い理由と注意する点について解説していきます。

内見をして部屋が下水臭い原因は2つ

配管

賃貸物件の内見をすると部屋が下水臭いことは非常に多いです。
この原因は2種類あります。

  • 水が使われていないので仕組み上、下水の臭いが上がってくる
  • 配管のパッキンの部分がしまっていない

不動産会社の多くの人は人が住んでいなかったので、蛇口を捻ってすこし水を出せば臭いも抑えると答えます。しかし、原因はこれひとつではありません。

それぞれの詳しい原因をひとつづつ解説していきます。

人が住んでいないと下水の臭いがする

水道の蛇口の部分は排水溝に水が流れるようになっています。しかし、下水道と繋がっていては配管を通じて臭いが部屋に上がってきてしまいます。

そのため、U字型にすることで臭いが上がってくるのを防ぐようにしています。

人が住んでいれば蛇口が捻られ水がでるので、このU時の部分に水が溜まるようになっています。(写真の丸い部分には溜まらないようになっていますがイメージできるかと思います。)

しかし、賃貸物件の多くは新しい入居者が決まるまでは空室となっています。そのため、水がたまっていないので、下水からの異臭が上がってきてしまいます。

一緒に内見した不動産会社の営業に聞けば、大抵はこの理由を答えるはずです。水をひねれば異臭の問題は解決する旨を伝えられたはずです。

配水管のパッキンの部分の異常

不動産会社の営業でも知らない人がいるのが、配水管のパッキン部分の異常です。

配水管の接合部分が上手く閉まっていない。または、接合部分のパッキンが切れていたりすることによって、そこから臭いが部屋にもれてしまっていることもあります。

以前の入居者が少し前まで住んでいたにも関わらず、下水の臭いがするのならこの理由であることが多いです。

このケースに関しては配水管を閉める、またはテープなどを巻きつけることによって臭いが漏れ出るのを防ぐことができます。

内見をしたら下水臭い時の注意

内見をして下水臭くても過度に心配をする必用はありません。

恐らく一緒に部屋を下見した営業も新人であったり、よっぽど経験が浅い人でなければ、上記の理由を説明しているはずです。賃貸物件で内見する部屋は空室期間はでてくるので、どうしても下水の臭いは防ぐことができないのですね。

だからといって安心しすぎるのも良くはありません。

空室期間が長ければ壁紙などに臭いがこびりついてしまっている可能性もゼロではありません。そこまで気にする必用はないですが、注意をしておいた方が良いです。

下水臭い部屋に入居する前に不動産会社に伝えておくこと

大抵のケースに関しては実際に住むようになって水を出せば問題がありません。実際に私も今住んでいる部屋に関しては内見時に下水の臭いがしましたが気にせず契約をして、問題なかったです。

ただ、心配な人もいるかと思います。

そのため、必ず不動産会社の担当には臭いが改善するのなら契約したいと伝えておくようにしておいた方が良いです。『水を流せば改善しますよ』と恐らく言われますが、万が一臭いがこびりついてしまっていても後のまつりになってしまいます。

不動産会社は仲介なので大抵は入居後は管理会社に連絡してくれといってんばりの人も多いです。管理会社は対応はしてくれますが、壁紙が臭いから修繕を無料で行ってくれるとは限りません。

そのため、必ず臭いが改善するなら契約する話を不動産会社にもしておいた方が良いです。

おとり物件の無い部屋探しサイト

イエッティ

賃貸物件の空室を問い合わせしたにも関わらず、実際は存在しないおとり物件であることも非常に多いです。

店舗へ来店しても問い合わせした物件の下見はできず、他のお部屋の紹介をされた経験をしたことがあるのではないでしょうか?

しかし、おとり物件の心配をしなくて良いのが『イエッティ』です。

希望条件を入力さえしておけばチャットでお部屋の紹介をしてくれます。お部屋の下見をしたければ現地での待ち合わせも可能となっています。

その為、オンライン不動産として注目を浴びており、毎日新聞や日本経済新聞など多数のメディアにも紹介がされている、安心してお部屋探しができるサービスなのですね。

おとり物件の心配をする必要もなければ、仕事の合間や仕事帰りに自宅で部屋探しをできるので、人気となっています。

>>>イエッティの公式サイトへ

PAGE TOP