お得場部屋探しサイト

キャッシュバック賃貸※マンションやアパートのお得な物件探すなら


おとり物件に騙されない

賃貸会社へ行ったら部屋が空いていない・・・

物件検索サイト全てにいえることなのですが、おとり物件や釣り物件と呼ばれるものは多数存在しています。運営側も厳しくチェックはしているのですが、各不動産会社がお客をつかむためにも条件をごまかして物件を載せるので完璧に調べることはできないのです。

あなたも引越しをしたことがあるのなら、問い合わせして空いていると言われたにもかかわらず、お店へ行ったら入居者が決まったといわれた経験があるのではないでしょうか!?キャッシュバック賃貸であれば各部屋の掲載されている項目が多いので簡単におとり物件か調べることができます。

キャッシュバック賃貸の3つのポイント

キャッシュバック賃貸

ポイント 特徴
1 おとり物件か簡単に調べられる
2 部屋が決まったキャッシュバックされる
3 物件情報が非常に豊富

キャッシュバック賃貸は大人気の部屋探しサイトとなります。特徴としては入居が決まると部屋ごとに設定された金額がキャッシュバックされる仕組みにあります。

賃貸物件はどこの不動産会社で契約しても条件は変わらないので、特別部屋を決めた人からしたら賃料が高くなっているなどのデメリットはないです。

そして、掲載されている各部屋の情報はマンション名やアパート名まで細かく書かれているので、おとり物件かを調べることが簡単にできます。マンション名でネット検索すると他の物件検索サイトの同じ部屋の情報がでてきます。

賃料・敷金・礼金・部屋の号室が同じであればおとり物件ではないです。逆にどれか一つでも違うのであればおとり物件である可能性が高いです。他のお部屋探しサイトですとマンション名が載っていないことも多いので調べるのが難しかったりするのです。

キャッシュバック賃貸を利用することによって、キャッシュバックがされるうえにおとり物件に騙される心配がないのですね


よくある質問

Q.キャッシュバックされるから条件が悪いなんてことはありませんか?

A.賃貸はどの物件検索サイトや不動産会社で契約しても条件は変わりません。あくまで不動産会社は大家から依頼されている賃料や敷金などの条件で物件を紹介しています。そのため、キャッシュバック賃貸を利用したら条件が悪くなっているなんてことはないです。利用者のメリットが非常に大きいのでキャッシュバック賃貸は評判が良いです。


Q.何でキャッシュバックできるのですか?

A.物件検索サイトの収入源は不動産会社からの物件を掲載する広告費となります。問い合わせされると不動産会社から1件ごとに広告費を請求しているのですが、そこで契約するかは別の話となります。しかし、キャッシュバック賃貸は契約したら広告費を請求するシステムとなっているので、他の会社より高い広告費を貰うことができており、その分利用者に還元することができています。


Q.他の物件検索サイトの方がいっぱい部屋が見れませんか?

A.キャッシュバック賃貸には多くの不動産会社が登録をしています。そのため、日本全国の沢山の部屋の情報が掲載されています。他の検索サイトと比べても載せられている情報量はほとんど変わりはないです。そもそも登録している部屋の数が多くても別の会社が同じ部屋を掲載しているので、単純に物件掲載数だけでは部屋が沢山紹介されているかの判断はすることができないです。


Q.何故、おとり物件か簡単に調べられるの?

A.物件検索サイトによって表示されている項目が異なります。キャッシュバック賃貸はマンション名まで記載されているのでネットで検索することによって、複数の不動産会社が載せている情報が見れます。おとり物件は基本的に本来の部屋の条件より下げているのですが、複数の不動産会社の情報と比べることによって、値段に違いがないかを調べられます。もしも値段に違いがあればおとり物件の可能性は非常に高いです。


元ルームアドバイザーの人が多く利用している

わたしも元ルームアドバイザーだから分かるのですが、現役の人間は自社の部屋や不動産会社独自の情報網を使って自分で部屋を探します。実際にわたしも自社物件に入居したり、自分で探していました。

しかし、一度辞めてしまえば情報を調べることができなくなってしまうので普通の人と同じように物件検索します。どこの不動産会社や物件検索サイトを利用しても部屋の条件が変わったりするようなことは基本的にありません。複数のサイトで全く同じ部屋が同条件で紹介されているのです。

それならキャッシュバックされるだけ、キャッシュバック賃貸を利用した方がお得になります。わたしが知り合いにアドバイスを求められた際にはキャッシュバック賃貸を利用するのをおすすめしています。

もしも契約することになったら同じ条件でキャッシュバックして貰えるのに、わざわざ他の部屋探しサイトをおすすめする理由が見当たらないですからね。

部屋探しするなら早いほうがおすすめ

部屋探しするのであれば、できるだけ早めに行っておいた方が良いです。掘り出し物件などは物件検索サイトに掲載がされる前に事前に来店しているお客さんでほとんど決まってしまいます。

不動産会社も掘り出し物件が出たら他の会社で契約が決まらないためにもすぐに既存の部屋探しをしている人に情報を伝えます。賃貸物件は良い条件の部屋はすぐに埋まってしまうので、わざわざ物件検索サイトに掲載をしている暇なんてないのですね。

より良い部屋を探すのであれば不動産会社へ来店して担当の営業マンと合う必要があります。来店してしっかりと条件を伝えておくことによって、営業マンも条件にあった掘り出し物件が出た際にすぐに連絡することができるのです。

元ルームアドバイザー時代もそうでしたが、問い合わせ頂いた部屋で契約する人はあまりいないです。ネットに載っている条件のお部屋はごく一部になるので、不動産会社独自の情報網を使った最新の情報で部屋を調べることでもっと良い条件の部屋が見つけられているのですね。

とはいえ、ますは部屋探しサイトで検索することは非常に大事です。あなたの条件にあった部屋を紹介している不動産会社であれば、似たような条件の部屋の情報を多く保有している可能性が高いです。物件検索サイトでまずは希望にあった部屋を掲載している不動産会社に問い合わせをするのが良いです。

そして、あらかじめ希望の条件を伝えておくことで、掘り出し物件の情報がでたら教えてもらうことができます。

引越す2ヶ月前ぐらいから探した方が良い

良い条件で入居したいのであれば、2ヶ月ほど前から部屋探しをしておいた方が良いです。あなたが引越しを考えている日にちの近くで掘り出し物件が丁度、空室になるとは限りません。

できるだけ早いタイミングで不動産会社に問い合わせをしておくことで多くの物件情報を見ることができます。一度来店して条件さえ伝えてしまえば何度もお店へおとづれる必要はないですからね。

メールなどで良い条件の部屋がでたら図面を送ってもらうようにして、興味のある部屋があったらすぐに来店して下見をすれば良いだけです。

引越す期限が近づけば近づくほど見れる物件の数は少なくなります。ギリギリとなってしまうともしもあなたの探している条件のお部屋が空室となっていなければ、空いている部屋から選ぶことしかできなくなるので注意が必要です。

わたしもそうなのですが、部屋探しを友人にアドバイスする際には2ヶ月前ほどから探した方が良いと伝えています。もしもあなたの引越す日がせまっているのなら早めに部屋探しをしておいた方が良いです。


PAGE TOP