bakuro10

部屋探し暴露情報!業界の闇「空電話」とは?

現役でなく元ルームアドバイザーだからこそ暴露できる不動産業界の裏情報『空電話』について物語形式で解説していきます。

  • 部屋を内装中で下見できないと言われた・・・
  • 人気物件なので下見をせずに部屋を決めないといけない・・・
  • 先に下見をしている人がいるので早く契約しないとまずい・・・
  • とりあえず下見のつもりが気づいたら仮契約をしていた・・・

などなど、こんな経験をしたことはありませんか!?
もし、見に覚えがあれば『空電話』に騙されているかも知れません。

出来る営業マンほど上手く『空電話』を行っており、俺は大丈夫だと思っている人ほど、ついついコロっと騙されてしまいます。

登場人物

部屋探しの際には凄腕営業マンの空電話に注意

下見したい部屋が決まったところからはじまります・・・

どうです・・・?何かいい物件ありました?渋谷駅徒歩5分の「失敗しない為の引越し術ハウス」なんて良いんじゃないですか?好条件の部屋ですし、探している物件にピッタリなんじゃないですか?

そうなんですよね~。ちょっと良いなとは思ってるんですけど、実際に見てみないと何とも言えないかなとは思うんですよね。この部屋って内見することができますか?

大分、ぷー太の興味の持っている部屋が決まったみたいです。部屋が決まったら誰しも内見がしたいのでここまではよくある部屋探しの流れです。

内見をできるか管理している会社へ確認してみますね。

どうしようかな~。この部屋は契約して貰えれば大家からお金が振り込まれる物件だから営業成績も上がるし、歩合もアップしたいからなんとか契約まで勧めたいよ。でも、実際は部屋の柱が邪魔だったりで思ったより小さいんだよな・・・よし、空電話をしよう!!

もしもし、失敗しない為の引越し術の「出来る営業マン」と申します。『失敗しない為の引越し術ハウス』の内見をしたいんですけど・・・

なにやらXが驚いたように大きい声で電話の相手と話しをしだしました・・・。
いったん電話の相手に待って貰ってあせったようにぷー太に話しかけだしたようです。

今、この物件を先に内見をしている人がいるんですけど、契約をしそうな感じみたいなんですね。ただ、先に契約書を流した人の早いものがちとなるので、内見せずにこの部屋を押さえてしまえば契約することはできるんですね。どうします?

えっ・・・内見をしないとさすがに部屋は決められないかな・・・。でも、確かにこの物件気になりはしているんですよね・・・。

よし!!あと一押しだ!!

この部屋は掘り出し物件で、もともとかなりの好条件のお部屋なので、部屋を決めずに契約する人が多いんですよ。お見せした物件と比べても分かるとおり少し家賃も安くなっていますし、正直、逃してしまうのはもったいないとは思いますよ。実際に今内見している人も条件に満足して部屋も気に入ったので契約の話を進めているみたいですからね。

本当は内見している人なんていないんだけどね!実際は自分の携帯に電話をかけて話し相手がいるかのように空電話しているだけだし!!家賃が安かったりするのは柱が邪魔で部屋が使いづらくてせまく感じるのと、あまり治安も良くない住みづらいエリアなんだよね!でも部屋を見せたら契約まで絶対に進まないからな。

掘り出し物件のような良い条件の部屋は皆探しているのですぐに決まってしまうんですよね。正直、今、この機会を逃すのはもったいないと思います。20日の退去日までに部屋を決めなければいけない訳ですし、別の部屋で後悔することになるかもしれないですよ!

どうしよう・・・。確かにこの部屋って条件がいいですよね。他に探してもこの部屋より良い条件がでてくるかなんてことは分からないし・・・。

あっともう少し~♪♪

この時期は物件も早く決まって言ってしまうので、正直、この掘り出し物件より良いのがでてくる可能性は低いかなと思いますよ。少なくとも図面を見てもらえば分かるとおり条件は良いのでこの部屋に決めてしまっても後悔することはないと思いますよ。今、決めずにあの時あの部屋にしていればと後悔する可能性なら多いにあると思いますよ。

分かりました!他に良い物件がでてくるか分からないし、条件も良いのでこの部屋に決めます。どうすれば良いですか?

じゃあ、急いで物件を取り押さえてしまいますね。

今日も上手く空電話で契約まで持っていけたぞ!!この部屋は営業成績が大きい物件だから給料も楽しみだなぁ~!

賃貸物件の仮契約終了後

今日も上手いこと空電話で内見せずに物件を決めてたな!あの部屋なら営業成績も良いし今月の歩合も期待できそうじゃんか?お前は外から見れば絶対嘘だと思えるようなことでも上手く話すな!

僕からしたらあんなの朝飯前ですよ。内見したら契約されないって分かっているような物件をわざわざ見にいくなんて駄目な営業マンですよ。今どきの若い年齢なら僕の話術にかかれば契約させるのも難しくないです。今月も給料が楽しみですね。

空電話を使うことで第三者を演出したり、色々な使い道があります。できる営業マンだと話し方のトーンを変えたり、リアクションを大きくするなどして、上手く人間の心理をついてきます。

希少価値であったり、他の人が気に入るほどの良い物と思わせたり、他人の欲しい物は自分も欲しいなどの心理を利用することで、上手く契約まで進めてしまいます。

外から見ればあきらかに不自然だったりするのに、当事者は上手く誘導されてしまっているのです。男女の恋愛でも多いですが、話を聞いてみると「それは騙されてるよ」と思うようなことなのに、本人からするとそんなことはないと信じきってしまっているなんて経験をあなた又は友人がしたことがあるのではないでしょうか?

空電話は、色々な場面でも使われます。下記に3つのケースを紹介しているので、騙されないように気おつけましょう。

空電話が使われるケース1

この客は今日中には部屋を決めなさそう・・・。
契約までに繋がらないなら部屋の下見をしても時間の無駄だしめんどうだな。

それなら『空電話』をして内見が出来ない方向に持っていこう。
色々とやらなければならないこともあるし、今日はお帰り願うか!!

解説:ルームアドバイザーの中にはどうせ契約しないなら内見しに行くのが面倒だから内見できない方向に持っていく人もいます。定時で帰りたいって気持ちもあるので、お客さんをないがしろにしている人もいます。

空電話が使われるケース2

正直、あの部屋は周辺の地域に関してはあまり良くないんだよな・・・。
部屋の内装も柱が邪魔な位置にあったりして、思ったより小さいから内見したら決まらなそうだな。

でも、営業利益も大きいし何とかこの部屋に決めたいから『空電話』を使おう!

解説:内見をできないほど人気の部屋であったり、内装中だから内見ができないと空電話を使ってうまく説明します。そのまま、内見せずに決めなければこの部屋に住めない方向に持っていきます。

空電話が使われるケース3

後、一押しすれば契約まで進められそうだな・・・。
『空電話』をして営業テクニックで内見せずに契約まで一気に進めてしまおう。

「この部屋は内装中なので内見ができないんです。」
「条件の良い人気物件となるので、内見せずに決めてしまう人も多いです」
「なのでこの物件に関しては部屋を見ずに契約まで勧めないと住めないような好条件の部屋なのですよ」

文章だと上手く躍動感を伝えることはできないのですが、上手く会話術を利用し内見せずに決めないと住めないような人気物件だと伝えてきます。

PAGE TOP