不動産会社へ行ったら条件が違うそれって何で?

不動産会社へ来客される人のほとんどはまずねHOMESなどの物件検索サイトで目星の部屋をつけてから来る人が多いです。

その上で電話もしくはメールで問い合わせを行います。
しかし、実際に不動産会社へおとづれたみたものの不動産検索サイトで確認したのとは条件が違ってがっかりする人も多いです。

その理由を元ルームアドバイザーとして不動産賃貸会社で働いていた経験からお話させて頂きます。

部屋を探す際にも役立つはずです。

スポンサードリンク

不動産業界の物件情報の裏情報

インターネットで掲載されている条件と異なる理由としてはいくつか挙げられます。一つ一つご紹介させて頂きます。

一つ目として上げられるのが物件の情報が最新ではないことです。

賃貸業界の仕組みを知る必要があるのですが、基本的に不動産会社は日本全国の部屋を紹介することができます。

それは大家と面識がなかったとしてもです。
大家が不動産会社に部屋の仲介依頼をお願いすると図面を作成して、不動産会社専用のレインズと呼ばれる物件紹介サイトに掲載を行います。

そこから各不動産会社は物件を確認して検索サイトに登録をしていくのですが、条件が変わったとしても入力した物件の全てを毎日確認している訳ではありません。

そのため、掲載している物件が来客した際に確認してみたら条件が変わっていたなんて可能性があります。

物件は直ぐ決まるので号室が違う

ネットで見た図面と部屋の号室が違う可能性が考えられます。

特に分譲賃貸となるとそうなのですが、間取りは一緒なのに家賃は1万円隣の部屋と違うなんてこともあります。
それは部屋ごとに大家が違うので条件が全く異なるためです。

賃貸物件はお客さんが思っているよりも、部屋が随時決まっていくこともあります。
部屋を問い合わせをした段階であればその部屋は空いていたのですが、来客までの1日の間に部屋が決まるなんてことがあるために別の号室案内となるので条件が異なるのです。

後はもう一つのパターンとしてはもともと埋まっていたのに空いていると呼び込んだ場合です。
最近では問題視されたこともあり、嘘の情報を載せる不動産会社は減ったのですが、すくなからず存在します。

最初から存在していない物件を入力

一番悪質なケースがこのパターンとなります。
そのままなのですが、もともと空きがない物件を不動産登録サイトに入力をしているパターンです。

もしくは条件を良くして入力をしている。

最近では物件検索サイトの方で厳しく対処するなどの対応の関係上、こういった不動産会社に関してはグッと減りました。わたしの働いている会社では問題になっても困るので、嘘の情報を掲載するってことはなかったのですが、そういった不動産会社もあるのは聞いたことがあります。

正直、物件は本当に来客する間に埋まってしまうことも多くあるのでお客さんからしたら嘘なのか他の人が契約をしたのか見極めることは難しいです。

前日問い合わせが来た段階では空いていたのに翌日の朝来客した際には埋まってたなんて経験も実際にあります。
見極める点としては実際にそのようなケースにあったのなら話しをしてみてその人が誠実そうかで判断するしかないと思います。

おとり物件の無い部屋探しサイト

イエッティ

賃貸物件の空室を問い合わせしたにも関わらず、実際は存在しないおとり物件であることも非常に多いです。

店舗へ来店しても問い合わせした物件の下見はできず、他のお部屋の紹介をされた経験をしたことがあるのではないでしょうか?

しかし、おとり物件の心配をしなくて良いのが『イエッティ』です。

希望条件を入力さえしておけばチャットでお部屋の紹介をしてくれます。お部屋の下見をしたければ現地での待ち合わせも可能となっています。

その為、オンライン不動産として注目を浴びており、毎日新聞や日本経済新聞など多数のメディアにも紹介がされている、安心してお部屋探しができるサービスなのですね。

おとり物件の心配をする必要もなければ、仕事の合間や仕事帰りに自宅で部屋探しをできるので、人気となっています。

>>>イエッティの公式サイトへ

PAGE TOP