メリットとデメリット

フリーレントのデメリット。掘り出し物件だけど注意が必要

賃貸物件の部屋探しの際に見かけるフリーレントについて詳しく解説しています。

フリーレントは掘り出し物件である可能性があるのですが、注意しなければならないこともあります。

フリーレントの意味から、注意点を紹介いたします。
お部屋探しをしている際に見かけた方は是非ご覧下さい。

スポンサードリンク

フリーレントの意味

フリーレントは入居後の家賃を一定期間無料にする引越し業界の専門用語となります。

主に1ヶ月、2ヶ月程度付いていることがあるのですが、まれに3ヶ月以上付いているお部屋もあったりします。

以前は事務所や店舗の物件などにサービスとしてフリーレントをつけていたことが多いのですが、近年では住居の賃貸でも見かけるようになりました。

何故フリーレントを大家はつけるのか

大家がフリーレントをつける理由としては2種類あります。
家賃が無料と書かれていると部屋探しをしている人からしたらお得な物件だと考えるのが当然だと思います。

そのため、お得感を演出するためにフリーレントが付けられている可能性が考えら得ます。

もともと礼金0ヶ月に設定している物権を礼金1ヶ月にして、フリーレントをつけているのですね。

結局は初期費用はほとんど変わらないので全くお得ではないのです。

もう一つのパターンは掘り出し物件である可能性があります。
大家からしたら入居者が決まらない期間が長く続けばそれだけ家賃収入を得ることが出来ず、損したことになります。

そのため、条件を良くすることによって直ぐにでも入居者が決まるように相場通りの家賃や条件のうえにフリーレントをつけています。

無料期間が多ければ多いほどお得な物件ってことです。
比較的こちらのパターンの物件が多いので、フリーレントはあなたの部屋探しの条件があっているならおすすめです。

フリーレントのデメリット

物件によっては全くデメリットがないこともあるのですが、すくなからずデメリットも存在することがあります。

そのデメリットの条件は契約期間になります。

ある程度の契約期間がフリーレントが適用される条件となっており、その期間より早く退去をしてしまうと家賃1ヶ月分の解約違約金がかせられるなどの条件が付属していることがあります。

大家からしても早くフリーレントを1ヶ月付けたにも関わらず入居期間が短ければ利益を出すことができないです。

分りやすい例が1ヶ月分無料にしたのに2ヶ月目に退去してしまえば家賃収入も1ヶ月しか得られる全く利益がでないです。

契約条件としては1年または2年であることが多いのですが、万が一早めに退去してしまう可能性があるのなら、違約金が発生するデメリットがあるのです。

注意点

フリーレントの注意点としてはきちんといつからいつまで無料なのか確認しておくことです。

フリーレント1ヶ月と書かれていても物件によっては入居日から1ヶ月分無料になるのとそうではないのがあります。

1ヶ月無料であるならお得感は凄くあるかと思います。
しかし、もうひとつのパターンだと数日しか無料にならないなんて可能性があります。

理由としては入居日判断ではなく、月での判断とする場合です。
4月の15日に入居したのであれば4月の残りの日数を無料にして、5月1日から家賃が発生するなんてこともあります。

30日までしかないのであれば、実質15日分しか無料になっていないのですね。

月末当たりで部屋探しをしていて見つけたのであれば翌月の1日に契約するに越したことはないのですが、基本的に売買と違って賃貸は長期間物件を契約せずに押さえておくことは難しいので他の人が入居してしまう可能性もあります。

掘り出し物件としての条件を良くしているフリーレントであれば数日間だとしてもお得ではあるのですぐに入居者が決まってしまう可能性があるのです。

もしもフリーレントの付いた物件で気になっている部屋があれば不動産会社にどちらなのか確認しましょう。

おとり物件の無い部屋探しサイト

イエッティ

賃貸物件の空室を問い合わせしたにも関わらず、実際は存在しないおとり物件であることも非常に多いです。

店舗へ来店しても問い合わせした物件の下見はできず、他のお部屋の紹介をされた経験をしたことがあるのではないでしょうか?

しかし、おとり物件の心配をしなくて良いのが『イエッティ』です。

希望条件を入力さえしておけばチャットでお部屋の紹介をしてくれます。お部屋の下見をしたければ現地での待ち合わせも可能となっています。

その為、オンライン不動産として注目を浴びており、毎日新聞や日本経済新聞など多数のメディアにも紹介がされている、安心してお部屋探しができるサービスなのですね。

おとり物件の心配をする必要もなければ、仕事の合間や仕事帰りに自宅で部屋探しをできるので、人気となっています。

>>>イエッティの公式サイトへ

PAGE TOP