住宅

賃貸マンションの部屋の方角※東西南北ごとの向きの特徴

賃貸マンションの部屋の向きごとの特徴を紹介しています。

東・西・南・北と色々な種類がありますが、外した方が良い方角などを知りたければごらん下さい。

賃貸のお部屋を探している人で向きを気しますが、よくよく話をしてみると間違っていることも多かったり、なんとなくって人が非常に多いです。

スポンサードリンク

部屋の向き・方角による特徴

東西南北と各方角ごとの部屋の特徴をご紹介致します。

方角には種類がさまざまあり各方角の間の南東などもありますが、各向きの特徴の半々程度と考えて貰えれば分かりやすいと思います。

一般的に人気の方角が南向きとなり、逆に避ける人が多いのが北向きとなります。太陽は東から上り、南側を経由して西側にしずんでいくので向きごとにより特徴が変わってきます。

東向きの特徴

東向きの特徴としては朝から日の光が入ってきやすいです。そのため、窓そばにベッドや布団を敷いていたり、カーテンを薄手のものを利用していると目が覚めることもあります。

午後となると日がどんどん当たらなくなってきて、部屋が暗くなってきます。特に冬は早く太陽が沈んでしまうので日が当たらず寒くなることもあります。

西向きの特徴

西向きは東の反対と考えてもらえれば良いです。

午前中に関しては日が当たらないのですが、午後になると部屋に日光の光が差し込みます。

冬場であれば沈み行く太陽の西日が差し込むので夕方でも室内が暖かくなります。西日が入ってまぶしいと感じる人もいます。

北向きの特徴

できるだけ避けた方が良いのが北向きです。北向きが一番デメリットの多い方角となります。

完全な太陽は東向きから上がり、南の方を通りながら西に沈んでいきます。そのため、完全な真北であれば全く日が当たらない可能性があります。

洗濯物もかわきづらく、湿気が部屋の中にたまりやすいです。ただ、その分メリットもあり、数千円程度となりますが家賃が安く設定されている部屋が多いです。

できるだけ入居するのであれば浴室乾燥機のある部屋を選ぶと良いと思います。日が当たらないので洗濯物が乾きませんが、浴室を利用して乾かすことができます。

南向きの特徴

北向きの反対と考えて貰えれば分かりやすいです。

南向きの部屋は日の辺る時間が一番長いです。太陽が東側から昇っている最中にも光が入り、西に沈みゆく間にも日光が入ってくるので、長い時間、太陽の光が差し込みます。

冬場であれば他の方角の部屋よりも暖かくなります。洗濯物が非常に乾きやすいので選ぶ人は多いです。

ただ、デメリットを把握していない人が多いのも事実です。夏となると太陽の光が入ってくる時間が非常に長いので部屋の中が暑くなりやすいです。

暑がりの人であればエアコンをつけていなければならなく、電気代が高くなることもあります。一番人気の方角ではあるので数千円程度、家賃が高くなります。

周りの建物も大事

方角によってそれぞれ特徴はあるのですが、周りの建物の状況などにもよって特徴は変わります。

都内などの高層マンションであれば、マンションのそばに大きなビジネスビルが建っていることもあります。ビジネスビルは賃貸マンションと違って窓のサイズが大きかったりします。

窓ガラスが鏡のように反射をして、部屋を照らして光が多く入ってきたり暑かったりなどの特徴があらわれることもあります。

後はいくら南向きだからと言ってもバルコニーの方角に建物が建っていて、光をさえぎっているなどの可能性もあります。

部屋を選ぶ際に方角は気にした方が良いのか

部屋を選ぶ際に方角は気にした方がいいかで言えば、わたしの意見となりますが北向きをはずせばそこまで気にしなくても問題ないと思います。

北向きだけは洗濯物が乾かないですし、部屋の中もじめじめしやすいのでおすすめすることはできません。その分、家賃は安いんですが・・・

風水に重きを置く人であれば気にすることもあると思いますが、大抵の人は住んでみたら気にならないことが多いです。

毎日のことなので当たり前となり、朝は光が強いなどのことは気にしなくなってきます。

東も西も南も日の光は入るので洗濯物が乾かないことはありません。近隣の状況によっては日が入らないこともありますが物件を内見するまでもなく、Googleマップなどを調べればすぐにでも調べることができます。

洗濯物の乾きを気にするのであれば北が入った方角だけは避けるようにしましょう。

おとり物件の無い部屋探しサイト

イエッティ

賃貸物件の空室を問い合わせしたにも関わらず、実際は存在しないおとり物件であることも非常に多いです。

店舗へ来店しても問い合わせした物件の下見はできず、他のお部屋の紹介をされた経験をしたことがあるのではないでしょうか?

しかし、おとり物件の心配をしなくて良いのが『イエッティ』です。

希望条件を入力さえしておけばチャットでお部屋の紹介をしてくれます。お部屋の下見をしたければ現地での待ち合わせも可能となっています。

その為、オンライン不動産として注目を浴びており、毎日新聞や日本経済新聞など多数のメディアにも紹介がされている、安心してお部屋探しができるサービスなのですね。

おとり物件の心配をする必要もなければ、仕事の合間や仕事帰りに自宅で部屋探しをできるので、人気となっています。

>>>イエッティの公式サイトへ

PAGE TOP