女性

引越し無料見積もりの注意点


引越しをする際はいきなりお願いするのではなく、見積もりをしてもらってから値段に納得がいけばお願いするのが基本です。まれに何日に引越しをお願いしますと電話でお願いする人はいますが、大抵、相場よりも高い金額で引っ越すことになっています。

必ず見積もりをお願いして料金を確認してからでないと足元を見られてしまうのですね。

基本的に無料で見積もりは行ってもらえます。但し、いくつか注意した方がいいので、事前に把握しておくようにしましょう。

無料見積もりの方法は2種類

引越し価格の見積もりをしてもらうのであれば、方法は基本的に2種類となります。あくまで一般の人が行う方法なので知り合いの会社に頼むなどは省かせていただきます。

  • パソコンやスマホからのweb見積もり
  • 電話での見積もり

インターネットも復旧したことにより、電話で話をしなくても見積もりの依頼をすることができるようになりました。最近はweb見積もりをする人が非常に多いです。

電話での見積もりと違い、自分の好きな時間に見積もりの依頼をしておくことができます。営業時間が関係ないので朝方やお昼、仕事から帰ってきた時間でも問題がないのですね。

そして、電話で話しをするのではなく、引越し先の住所などを入力すれば良いだけなので主婦の方でも安心して行うことができます。

一括見積もりと単体見積もりの違い

引越し費用の見積もりの方法として一括見積もりと単体見積もりがあります。名前のままなのですが、単体見積もりであれば各引越し業者のwebサイトまたは電話で見積もりをお願いすることです。

そして、最近辺り前になりつつあるのが一括見積もりです。web見積もり限定となるのですが、引越し先の住所や現在のお住まい、荷物の量などを入力した内容から複数の引越し業者に見積もりをお願いすることができます。

一度入力した内容が使えるので1社1社に依頼する際に入力項目に記入する必用がないので便利となっています。

複数の業者の価格を調べることができるので安い会社を選ぶことができるのと、繁忙期だとしても希望の日時でお願いできる業者を見つけることができるメリットがあります。

但し、メリットだらけではなく、デメリットもあるので紹介致します。

一括見積もりのメリットとデメリット

複数の業者に一括見積もりできるメリットは3つです。

  • 費用を安くできる
  • 希望の日時に引っ越せる
  • 手間がかからない

引越し業者としても他の会社に見積もり依頼がでているのは分かります。そのため、お客さんに利用してもらうためにも割引対応をしてくれるので料金を安くすることができるのですね。

また、一社だけだと希望の日時に予定が重なっていてお願いできないこともありますが複数社にお願いしていればまず、問題はないはずです。そして、万が一、単体見積もりをした際に料金が高くて他の業者にお願いしようと思っても再度、引越し先の住所などを伝えなければならないのを防ぐことができるので手間がかからないです。

デメリットとしては利用しない引越し業者にその旨を伝えなければならないことです。見積もりをお願いしたからといって利用しなければならない訳ではありません。

そのため、価格が思っていたより高くて自分で運ぶなんてことになれば全ての引越し業者へキャンセルの旨を伝える必要があります。また、どれか一社にお願いしたとしても他の見積もりをしてくれば業者に断らなければなりません。

メリットは大きいのですが、デメリットを考えずに10社などに見積もりをするとなると多くても一社しか使わないわけなので手間がかかります。
多くの業者にお願いしすぎないほうがいいです。

基本的には3社に依頼すれば問題ありません。大事なのは引越し業者に他の業者にも見積もりをしているのが伝わって値引きをしてもらうことなので、あまり数が増えても一社だけ特別安いなんてことはなく、色々な業者が値段を下げておんなじぐらいの値段に落ち着きます。

不動産会社に紹介された引越し業者は止めた方がいい?

大抵の新居を紹介してくれた賃貸の不動産会社では引越し業者の斡旋を行っています。わたしの在籍していた会社でももちろん行っていました。

これはお客さんを紹介することでバックマージンが発生しているからなのですね。不動産会社に引越し業者が仲介してくれればリベートを渡すと営業をかけてくるのです。

不動産会社の営業マンはバックマージンも売り上げとすることができるのですね。

但し、あまり利用することはおすすめしません。一社だけの単体見積もりとなるので料金が割り引きされずに高くなることが多いです。

また、バックマージンを引越し業者に渡すことになるので相場より少し高い金額になることも・・・。一括見積もりであればバックマージンなど関係なしに他の業者にお客さんが流れないために割引が起こるのですが、一社のみとなるので高い引越し費用となってしまうのですね。

webから無料見積もりするなら

パソコンやスマホからweb見積もりするのであれば、人気があるのが「引越し価格ガイド」です。

引越し価格ガイドにはアーク引越しセンター、ヤマト、日通、サカイ、アリさんマークをはじめ業界大手の会社から地元に密着している引越し業者まで200社以上が登録しています。

最大10社まで見積もりをお願いすることができるのですが、使わない会社に連絡するデメリットを考えて3社程度に抑えておくといいです。

引越し価格ガイドであれば見積もりフォームに入力が完了した段階で相場が表示されます。そのため、万が一高い見積もりをしてきた業者があればすぐに見分けることができます。

引越し業者もそれはわかっているので最初から安い価格での提示がされることが多いです。今までに1780万件以上利用されているデータがあるからできるサービスなのですね。

そして、入力フォームが誰でも簡単にできるようになっているので迷うことがないです。引越しは毎年のように行うことではないので手間取ったりするものですが、簡易的なフォームなので心配する必要は無いのですね。

最大で半額で引っ越せることもあるので「費用を安くしたい」「めんどうな手間をかけたくない」と考えているのであれば、引越し価格ガイドの利用がおすすめです。

PAGE TOP