同棲で部屋探し※規約違反やばれるか心配

同棲する際に賃貸の部屋探しをするときのコツやポイントを紹介致します。

同棲であれば2人暮らしとなるので、2人入居可能物件を探さなければなりません。
そうなってくると小さくて1LDK、ほとんどが2DK以上となることが多いです。

ある程度の部屋のサイズとなるので賃料も高くなってしまいます。
しかし、もっと安い賃貸物件の住みたい人も多いはずです。

現に多くの人が1Kや1Rのマンションだとしても同棲しています。
では、そういった人たちはどうやって部屋探しをしているのか紹介致します。

スポンサードリンク

同棲で2人暮らしする部屋探し

同棲で部屋探しをするのであれば、2DK以上の部屋を探している人であれば住みたいと思う部屋を普通に探してもらえればほとんど問題ありません。

図面に2人入居可と書かれていなくても入居することができる場合がほとんどです。

大家としては2人暮らしになることによって、騒音などの問題が発生しないかの心配をします。2人になるわけなのですから友人がおとづれる可能性も単純計算では2倍です。

そして、喧嘩などをすることもあるので、周りの部屋に住んでいる人から苦情が着かねません。

また、2人で暮らすにもかかわらず1DKなどの部屋となると収入もそんなにないのかと考える人も多いです。そのため、ある程度のサイズの部屋でないと2人で入居となると審査を落とされることが多いです。

2Dkの部屋サイズであれば二人以上で暮らすのがほとんど当たり前ですし、1人限定で募集していれば決まるまでに時間がかかります。

部屋もある程度のサイズとなるのでせまい部屋よりは響きづらいので入居することができます。

同棲している人の真実

世に1Kや1Rで同棲して二人で暮らしている家はたくさんありますが、まず、大家に申請をしたうえで入居している人はほとんどいないはずです。

東京近郊エリア以外に関してはわからないのですが、東京や神奈川であればまず1Rや1Kで二人入居の審査が降りることはほとんどないですからね。(部屋のサイズが12畳あるような大型の部屋はのぞく)

大抵の人が大家に内緒で入居をしています。

ただ、自社物件で大家から直接管理を依頼されている部屋に関してはさすがに大家への対応を考えなければならないので断っている場合がほとんどです。

しかし、この対応を全ての部屋でやってしまってはまずいです。
賃貸物件でもばれやすい部屋とまずばれない部屋の2種類あります。

2人入居がばれる部屋とばれない部屋

2人入居していることが大家にばれる部屋とばれない部屋には特徴があります。

大体、マンションであればこの問題はクリアしていることがほとんどなので、大家にばれない可能性は非常に高いです。しかし、アパートだとばれる可能性は高いです。

どんな違いがあるのかというと、大家が住んでいるか住んでいないかです。

同じアパート内に大家が住んでいる部屋があります。そういった部屋であれば当然、人の出入りを見ればまずばれてしまいます。ばれても言ってこない大家もいますがどうなるかは分からないです。

また、アパートだと大家が近隣に住んでいることも多く、たまに散歩がてらに歩いて来たり、掃除に来たりすることもあります。その際にばれてしまう可能性もあります。

逆にマンションであれば大家が管理をしていることはほとんどなく、同じ敷地内に住んでいることもほとんどありません。そのため、ばれる可能性は非常に高いです。

賃貸業界の裏事情

多くの不動産会社が二人入居する客に対して、自己責任ではありますが契約者一人で契約しています。そして、アパートだとばれるのでマンションの方が良い説明をして紹介しているのですね。

お客さんのことを考えない営業マンであればがんがんアパートを紹介してくるかも知れません。入居者の斡旋をして仲介手数料を貰ったら後は知らないと考えている人ですね。中にはばれないんで大丈夫ですよって無責任に紹介している人もいると思います。

そもそも一人暮らしの部屋に住んでいて彼女ができたことにより、どちらかの部屋で同棲開始することも多いです。しかし、大家にわざわざ彼女ができたので同棲しますと伝える人はいないです。

そのため、1Kや1Rの部屋でも多くのカップルが同棲をしているのです。

もしもばれたのであれば、友人が泊まりに来ているだけであって一緒に住んでる訳ではないと答える人も多いです。

大家としてはそれを証明しないと契約違反の話をすることもできないですし、証明するとなると役所で住民票を請求などして二人が入居している証拠が必要となりますし、そもそも住民票を写しているかも分からないです。

何かの書類が届いたとしても届け先をこの家にしているだけと伝えてしまったら証明できないですからね。他人が住民票を請求することも基本的にできないですし。

マンションであればまずばれることはほとんどないのですが、実質このように紹介して二人入居している部屋が多くあるのが実態となっています。

あくまでこれが賃貸業界の現状であって、このブログで斡旋している訳ではありません。もしこの方法で入居するにしろ不動産会社も責任は取ってはくれないので全て自己責任になります。

おとり物件の無い部屋探しサイト

イエッティ

賃貸物件の空室を問い合わせしたにも関わらず、実際は存在しないおとり物件であることも非常に多いです。

店舗へ来店しても問い合わせした物件の下見はできず、他のお部屋の紹介をされた経験をしたことがあるのではないでしょうか?

しかし、おとり物件の心配をしなくて良いのが『イエッティ』です。

希望条件を入力さえしておけばチャットでお部屋の紹介をしてくれます。お部屋の下見をしたければ現地での待ち合わせも可能となっています。

その為、オンライン不動産として注目を浴びており、毎日新聞や日本経済新聞など多数のメディアにも紹介がされている、安心してお部屋探しができるサービスなのですね。

おとり物件の心配をする必要もなければ、仕事の合間や仕事帰りに自宅で部屋探しをできるので、人気となっています。

>>>イエッティの公式サイトへ

PAGE TOP