同棲の審査について

同棲の入居審査の基準!審査落ちや通らない人の部屋の探し方

彼氏や彼女と同棲をして2人暮らしをするのなら、気おつけなければならないのが入居の際の審査です。

時間をかけて部屋探しをして、気に入った物件が見つかっても、審査が通らないなんてことにもなりかねないです。

同棲は一人暮らしをするよりは入居審査の基準が少し高めとなっています。収入的な部分だけではなく、他の点に関しても見られることとなります。

ここでは同棲の審査について解説をしていきます。また、2人暮らしをするのに審査の通りやすい物件の探し方についても紹介していきます。

同棲の審査の基準!収入だけでなく年齢なども見られる

一人暮らしをするのであれば、大家が入居審査で一番気にするのは収入面です。月収の3分の1以下の金額が家賃で負担なく支払いができるといわれています。

貯金額よりも月収に対しての収入が審査が通るかの鍵となります。

しかし、同棲となると一人暮らしとは違い、騒音の心配を大家はするようになります。特に木造のようなアパートだと会話が隣室に聞こえてしまうので、クレームが入るのを大家は恐れます。

また、喧嘩などで声が大きくなってしまうこともあるので、根本的に2人暮らしをあまり良くしないと考えている部屋の大家もいます。

同棲での審査の収入の考え方

2人で暮らすからといって、審査で見る収入は2倍になる訳ではありません。お互いの月収が20万円で合計で40万円の3分の1である約13万円で見られる訳ではないのです。

大抵は契約者のひとり分の収入を見るか、それに少し上乗せした金額が審査の収入の考え方とする大家が多いです。

理由としてはカップルであれば別れてしまうこともあります。また、新婚だと妊娠をして奥さんや彼女が働けなくなることもあります。

そのため、2人の合計の収入から賃貸の入居審査を行う訳ではないのですね。

アパートの同棲なら審査が通る物件も限られる

アパートで同棲をするのであれば、審査の通る物件も限られてきます。

理由としては騒音のトラブルを大家が恐れるからです。鉄筋コンクリート構造のアパートもありますが、壁が薄くなっているので隣の部屋の音が漏れやすいです。

特に木造となると会話も隣室に聞こえてしまうこともあり、他の部屋からクレームがくることもあります。

2人暮らしの同棲でアパートを探しているのなら審査が通りづらい特徴があるのですね。そのため、部屋探しサイトを探しても気になっても審査落ちしてしまうことも多いです。

イエッティのようなチャットで担当が調べてくれる不動産会社に、同棲でも審査が通りやすい物件を探して紹介して貰うのがおすすめとなります。

イエッティの評判と口コミ

同棲は審査落ちしやすい!けどあきらめる必用はない

同棲は一人暮らしに比べれば審査は落ちやすいです。

しかし、あきらめる必用は全くありません。世の中には同棲をしている人は非常に多いですし、入居できる部屋の数も沢山あります。

ただ、一人暮らしと同じような方法で部屋を探しても審査が通りづらいだけでしかありません。

各不動産会社が管理している物件によって審査が通りやすいなどの特徴があったりします。そのため、力のある担当営業マンに審査で問題なさそうな部屋を探してもらえば良いだけです。

無職やバイトのフリーターでも審査が通る物件の探し方

たとえ無職やバイトのフリーターの人でも、同棲で審査の通る物件はあります。そのため、あきらめる必要はないです。

実際にわたしもフリーター時代に彼女と同棲をした経験があります。あくまで審査が通りづらいだけであって、あきらめる必用はないのですね。

無職やフリーターとなると審査の通る物件があなたの希望するエリアや家賃で山ほどある訳ではありません。そのため、普通に部屋探しサイトを見ていても審査が通らない物件が沢山でてきてしまいます。

収入が少ない人で同棲をするのなら、イエッティのようなチャット型不動産を利用しましょう。事前に同棲や条件を伝えておけば、審査の通りやすい物件の情報を送ってくれるはずです。

そこで気になったのなら下見の連絡をすれば、現地待ち合わせで行うことも可能です。現地での集合となるので、おとり物件であることは心配する必要がないので、審査の通りづらい人でも上手く部屋探しができます。

イエッティの公式サイトへ

PAGE TOP