女性

物件探しサイトの注意点※賃貸業界を理解しないと騙される

賃貸の物件探しサイトを利用する際には注意しておかなければいけないことが3点あります。不動産業界は色々とよろしくない風習があるので、裏側を理解していないと騙される結果にもなりかねないです。

ここでは物件探しサイトで賃貸物件を探す際にどのようなことを注意しながら行えば良いのか紹介致します。

良い部屋を見つけるためにも物件検索サイトは正しい認識で利用する必要があります。部屋探しをする前にまずは、きちんと不動産業界について理解するようにしましょう。1分もあれば問題ないはずです。

スポンサードリンク

物件探しサイトの注意点

物件探しサイトで得に注意しなければならないこととして、認識しておいて欲しいのがインターネット上には多数のおとり物件(客寄せ物件)と呼ばれる、偽の物件情報が掲載されていることです。

正しい情報だけではないことをしっかりと理解していないと、相場が全く分からずあなたの探している条件の部屋なんて存在しないなんてこともあります。

実際に賃貸の不動産会社へおとづれる人の最初の探している条件を聞いていると、そんな物件は存在しないよ・・・おとり物件に騙された情報で認識しているのでせっかく良い部屋があるのに見逃してしまうなんてことも多いです。

最終的に引越し期日までの時間がなくて、妥協したお部屋になってしまうこともあるので、おとり物件には注意してください。

物件情報は古い

ネットの物件探しサイトに載っている情報は既に入居者が決まった部屋は多いです。自社物件を持たない仲介業者が色々な部屋を載せているので、入居者が決まったとしても大家から連絡がくるようなことはありません。

そのため、入居者を募集中の部屋なのか既に契約済みの部屋なのかを把握していないことがほとんどです。問い合わせの多い物件は既に埋まっているのを知っているのに載
せっぱなしにする業者もあります。

不動産会社は自社物件を扱っている会社よりも、仲介のみの会社が非常に多いので古い情報の物件が多数存在しているのです。不動産会社からしても既に入力した100件、200件と入力した物件情報を毎日、空室確認することもできないので古い物件がいっぱい存在しているのです。

同じ物件を複数の会社が紹介している

一つの空き部屋に対して、複数の不動産会社が物件探しサイトに掲載しているので同じ部屋が多数ネットに存在しています。仕組み上、ほとんどの物件がどの不動産会社でも紹介することができるようになっているので、色々な会社が物件探しサイトに情報を載せるのです。

そのため、物件探しサイトを見ていて気になった部屋があったのに他の会社も紹介しているなんてこともあります。どちらの会社に問い合わせをすれば良いのか悩むこともあるかと思いますが、基本的にはどちらでもかまいません。

どちらの会社でも部屋を契約することはできますし、入居者がいない状態でクリーニング業者が入っていないのなら部屋の下見をさせて頂けるのがほとんどです。不動産会社によっては遠方の下見を断るとこがあるので、問い合わせメールの時点で部屋の下見をしたい旨を伝えましょう。

入居済みの部屋は多い

物件探しサイトに掲載されている情報は既に入居済みの部屋は多いです。賃貸の不動産会社が物件情報を入力してから1週間と経っていることは多いです。

たまたまあなたが見た日に物件が丁度掲載されたなんてことは少ないです。

そのため、問い合わせをしたにもかかわらず部屋が既に入居済みとなっていることもあります。最初からおとり物件である可能性もありますが・・・

できるだけ興味のある物件を見つけたのであれば、その場で問い合わせメールはしておくようにしておきましょう。複数の物件に問い合わせをしておいて、空いていると返信してくれた業者に来店すれば良いだけです。

興味がなくなったり、もう既に入居したいと思う部屋が見つかったのであれば断りのメールを一通いれておけば良いだけなのでそこまでめんどうではありません。電話でなくメールであれば、しつこく来店を促す勧誘が行われるようなこともまずないはずです。

物件探しサイトの情報に騙されないためには

物件探しをするのであれば上記の注意点をふまえ、おとり物件を見極めながら色々とネットサーフィンしていけば良いだけです。おとり物件の見極めができていないと悪質な不動産会社に当たってしまうこともあるので気おつけた方が良いです。

サイトにもよるのですがおとり物件は簡単に見極めることができます。引越し相場が全く分からなくても全く問題はないです。

多少の知識でも良いので理解しておけば気に入る部屋や掘り出し物件を見つけることができるはずです。そんなに難しいようなことは全くないはずです。時間がないのであれば一点だけ理解しておけば問題ないです。

物件探しサイトを見るよりも先におとり物件の見極め方を知って置くようにしましょう。

おとり物件の無い部屋探しサイト

イエッティ

賃貸物件の空室を問い合わせしたにも関わらず、実際は存在しないおとり物件であることも非常に多いです。

店舗へ来店しても問い合わせした物件の下見はできず、他のお部屋の紹介をされた経験をしたことがあるのではないでしょうか?

しかし、おとり物件の心配をしなくて良いのが『イエッティ』です。

希望条件を入力さえしておけばチャットでお部屋の紹介をしてくれます。お部屋の下見をしたければ現地での待ち合わせも可能となっています。

その為、オンライン不動産として注目を浴びており、毎日新聞や日本経済新聞など多数のメディアにも紹介がされている、安心してお部屋探しができるサービスなのですね。

おとり物件の心配をする必要もなければ、仕事の合間や仕事帰りに自宅で部屋探しをできるので、人気となっています。

>>>イエッティの公式サイトへ

PAGE TOP