未入居の家

大通り沿いマンションの騒音対策※うるさいのとさよなら

マンションは日照権の関係上、住宅地のど真ん中に立てるのは難しく大通り沿いになることが多いです。

高層マンションで高層階に住んでいるのであれば、それほど騒音に悩まされることはないのですが、5階~10階程度の中規模マンションだとうるさい可能性があります。

特に高速道路に面していると深夜でも車の走る音の騒音で悩まされる可能性があります。

うるさいのをどうにかしたい人に簡単にできる騒音対策を紹介致します。今現在、がうるさいのに悩まされている人や賃貸物件探しを行っていて騒音が心配な人に参考になると思います。

スポンサードリンク

大通り沿いマンションの騒音対策

騒音対策といっても結局のところ大掛かりなことはできません。壁を分厚くしたり分厚い窓ガラスを設置するにはお金も手間もかかります。

そもそも大家が許可してくれる可能性は低いですからね。

そのため、何か別のものを使って騒音対策する必要があるのですが、とても便利なのがカーテンです。

カーテンは騒音対策に最適で、分厚いのを設置するだけでかなりの音を防ぐことができます。

カーテンでできる騒音対策

カーテンで騒音対策をするポイントとしては2重にすることです。大抵のマンションであればカーテンレールが2つ付いているので、2重に設置することが可能となっているはずです。

1枚では効果があまりなくとも2枚つけることによってかなり効果が上がるのを感じます。

もしもカーテンレールが一つしかないのであれば、穴を開けずに簡単に設置できるタイプの物が販売されています。一軒家とは違い部屋に穴を開けたりすると退去費用を請求されてしまうので、設置の際は必ず家に損傷を与えないのにしましょう。

隣の家の騒音でなく、大通り沿いにある関係で車に走る騒音で悩まされているのであれば、窓側で対策を行わなければなりません。

見た目的にも費用的にもカーテンを利用するのが一番だと思います。

カーテンの選び方

カーテンの選び方としては厚手であればそこまで気にする必要はありません。防音タイプのカーテンなどが販売されていますが、そこまで効果は変わらないように感じます。

種類としてはレースのカーテンは選ばないようにしてください。大抵はレースを1枚と普通の遮光カーテンを1枚づつ設置するのが一般的ではありますが、防音対策をするためにも普通の遮光カーテンを2枚設置してください。

今ではネット通販を利用して色々なおしゃれなカーテンが販売されているので、そういったものを利用してみてはいかがでしょうか!?

ただ、注意点としては1点あります。

サイズが小さいと覆えていない部分から音が入ってきて効果が半減してしまうので、できるだけサイズぴったりもしくは大きめを選ぶようにしましょう。

サイズをあわせてくれるオーダーカーテンも通販などで2000円程度から販売されています。

どれぐらいの防音対策になる?

実際にわたしも防音対策を行ったことがあります。東京の大通り沿いかつ高速道路
沿いに住んでいたのですが、深夜でもうるさかったでした。

そのため、カーテンを2重にしたのですが気にならない程度にはなりました。

大通り沿いの1階、2階マンションで気にならないぐらいの防音対策とまではいかないと思いますが、大分変化はあるはずです。

少しうるさい程度であれば全く気にならない程度にはできるのではないかと思います。簡単にできる方法ですし、部屋の模様替えの気持ちで対策を行ってみてはいかがでしょうか!?

きっと効果を感じることができると思います。

おとり物件の無い部屋探しサイト

イエッティ

賃貸物件の空室を問い合わせしたにも関わらず、実際は存在しないおとり物件であることも非常に多いです。

店舗へ来店しても問い合わせした物件の下見はできず、他のお部屋の紹介をされた経験をしたことがあるのではないでしょうか?

しかし、おとり物件の心配をしなくて良いのが『イエッティ』です。

希望条件を入力さえしておけばチャットでお部屋の紹介をしてくれます。お部屋の下見をしたければ現地での待ち合わせも可能となっています。

その為、オンライン不動産として注目を浴びており、毎日新聞や日本経済新聞など多数のメディアにも紹介がされている、安心してお部屋探しができるサービスなのですね。

おとり物件の心配をする必要もなければ、仕事の合間や仕事帰りに自宅で部屋探しをできるので、人気となっています。

>>>イエッティの公式サイトへ

PAGE TOP