賃貸で徒歩10分は実際にどれぐらいの距離か見破る方法

図面の距離や分数は実際に歩くと遠いことも多いですが、もっと実際の時間により近づけることができる考え方を紹介します。誰でも簡単に調べることが可能となります。

賃貸物件を探す際にかかせない一つのポイントが駅までの距離です。
徒歩何分までの距離以上になる部屋には住みたくないという人も多いでしょう。

しかし、不動産会社で見せてもらった徒歩距離と実際の距離が全然違うってことは多いです。5分、10分とかけ離れていることもあります。時間が大幅にずれるのは図面の徒歩何分かの距離を出す仕組みがいけないことが原因となっています。

仕組みを理解している人であれば、ある程度、正確な分数を出すことは可能です。

下見に行った際に思ったより遠い・・・なんてがっかりした経験もあるのではないでしょうか!?図面から多くのことが分かるので、わたしが図面の徒歩距離から実際に歩くと何分ぐらいかかるのか計算している方法を紹介致します。

図面には徒歩距離が長くなっているのに実際にはもっと近かったりする部屋もあるので、掘り出し物件を見つけることができるかもしれません。ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

賃貸の徒歩何分かを計算する方法

まず、基本となる図面の徒歩何分かの出し方を紹介致します。わたしの出し方もこの仕組みが分からないと出すことはできないです。といっても図面に載っている分数を見ればいいのですが・・・知っておいて損はないので、興味の無い人は飛ばしてください。

賃貸の徒歩1分の距離は80メートルとなります。この80メートルの距離は実際に駅からの距離ではなく、地図から見た直線距離となります。大抵の部屋から駅までの直線状には家が建っていたりするので、実際の距離とは異なります。

この80メートルを1分とした計算は20代の女性が買い物袋を歩いてかかる距離といわれています。一説では実際に歩いて検証したとかしてないとか・・・実際に荷物もなしで80メートルの距離を歩けば分かるのですが、1分はかからないです。

一応、直線距離で出すことになるので多めに出した時間にはなっています。

図面の表記より近い物件

図面の実際の表記より近い物件は駅からまっすぐ歩いてたどりつくことができる部屋となります。曲がることが少ないのであれば、信号機は除いたとすると確実に図面の徒歩距離よりも早くなります。

徒歩10分と図面に表記されているのであれば、実際は歩くと7分、8分ぐらいになるはずです。これは一度も曲がらなかった場合になります。

徒歩5分であれば実際は4分ぐらいになります。曲がる距離によって異なってはくるのですが、駅から直線でいけるほど実際の徒歩距離は短くなります。

この分数は実際に何百件も計って出した数字ではないのですが、わたしがルームアドバイザーとして部屋案内した経験から出した数字となっています。たいがい間違いはなかったのでこの出し方で問題ないかと思います。

図面の表記より遠い物件

図面の表記より遠くなる物件は駅から部屋まで歩くと何度も曲がらなければならない場合です。部屋と駅までの間に家やアパートなどの住宅や道がなくて歩けないことがあると距離は非常に遠くなります。

10分と図面に書かれているのであれば、実際の徒歩距離は15分程度になります。5分と書かれていても8分程度かかります。駅と部屋の間に障害物が多い部屋となると最悪のケースでは10分の表記なのに18分ぐらいかかることもあるので注意が必要です。

どうやって実際の距離を調べるのか?

上記で紹介している方法を読んでいただけたのであれば後は、グーグルマップなどで地図を見れば分かるはずです。地図を見れば駅と部屋の間にどれだけ障害物があるか判断することができるので、実際には何分ぐらいかかるか簡単にイメージすることができるはずです。

できれば不動産会社へおとづれる前に自分の住んでいる部屋をグーグルマップなどのネットで見れる地図で確認しておくことでより正確な数字を出すことができるはずです。実際に今あなたの住んでいる家が地図を見るとどれぐらい間に障害物があるのかを判断して、歩くと何分かかるかが分かれば誰でも実際に距離の検討はつきます。

徒歩距離が2分、3分の距離であればほとんど直線距離だったりするのでずれはほとんど無いはずです。間隔としては徒歩8分ぐらい以上の距離になるとずれが生じることが多いので、利用した方が良いと思います。

グーグルマップとスマホを活用

気になった部屋があったのであれば、不動産会社の担当に話してグーグルマップで地図を出してもらった方が良いです。営業マンの多くが図面と実際の距離がずれているのは分かっているのに、わたしが紹介した方法を知らない人も多いです。

図面に載っている距離の算出方法さえ分かれば誰でも想像は付くものなのですが、そこまで考えない人は非常に多いのですね。そのため、自分から言って見せて貰った方が良いです。

実際の距離を予測する考え方を知らない営業マンも非常に多いです。まあ、さすがにお客さんに教えてもらったってのもまずいので、知っているふりをする人もいるかも知れないですが・・・教えてくれない人もいるので遠慮なく見せてもらいましょう。

後はスマホを持っている人であれば地図アプリを利用してもいいと思います。物件検索サイトを見る際にも自分で調べることによって、本当の距離を出すことができるので興味のある部屋が見つかったときは利用してみてください。

おとり物件の無い部屋探しサイト

イエッティ

賃貸物件の空室を問い合わせしたにも関わらず、実際は存在しないおとり物件であることも非常に多いです。

店舗へ来店しても問い合わせした物件の下見はできず、他のお部屋の紹介をされた経験をしたことがあるのではないでしょうか?

しかし、おとり物件の心配をしなくて良いのが『イエッティ』です。

希望条件を入力さえしておけばチャットでお部屋の紹介をしてくれます。お部屋の下見をしたければ現地での待ち合わせも可能となっています。

その為、オンライン不動産として注目を浴びており、毎日新聞や日本経済新聞など多数のメディアにも紹介がされている、安心してお部屋探しができるサービスなのですね。

おとり物件の心配をする必要もなければ、仕事の合間や仕事帰りに自宅で部屋探しをできるので、人気となっています。

>>>イエッティの公式サイトへ

PAGE TOP